京都バトン研究会分校・フェニックス

朝の日課

サワに「最近のママは寝落ちし過ぎや」と指摘を受けました( ̄▽ ̄)


確かに!!


どうしてもね~・・・
ツグミを寝かしつけて、そのまま一緒に寝落ち。という状態が続いていて。
どう考えても寝すぎています(笑)


朝は早めに起きるのですが、もうちょっと生活リズムをしっかり整えたいところです。




さて。そんな私の朝の日課は
大切に育てているメダカのお世話(#^.^#)
玄関先にメダカ鉢を二つ置いているのですが、そこに座り込み、まずはメダカの観察をします。

それから、採卵♪
これが楽しいんですよね~。

気温も水温もいい感じのこの時期、メダカたちはたくさん卵を産んでくれるのです。
見つけた時の嬉しさと言ったら。

そのままにしておくと、親メダカに食べられてしまうので、丁寧に採卵して、別の水槽にうつします。


そこを観察するのも、日課の一つ。
少しずつ卵が変化していく様子がわかって、これまた嬉しいのです!(^^)!


そして、今日はとうとう可愛い赤ちゃんに出会いましたよ♪
無事、孵化してくれたのです~。嬉しい~!!



2018062201.jpg


正式名称なのか、通称なのかわかりませんが
メダカの赤ちゃんには「針子」という呼び名があるようです。
名前の通り、針のように細い!そして小さくて繊細で・・・


本当に可愛いんですよ~(#^.^#)
眺めていると、時間があっという間に経ちます。
人間の赤ちゃんを見ている時と同じかも。


こんなことをしていると、そうですね、、
軽く30分間は玄関先に座り込んでいるので( ̄▽ ̄)
ご近所の方には怪しまれているかもしれません(笑)


このまま大きく育ってくれますように!
そして、たくさんある卵たちも、無事に孵化するといいな♪




本業のほうは、いよいよ明後日に迫ったバトンコンテストに向けて最終準備!
レッスンにも、私自身の準備にも、力が入ります。



半年間
一年間
それよりももっと??
バトンコンテストに向けて、人それぞれ・・・かけてきた時間も思いも異なるとは思いますが
悔いのない本番を迎えてほしいと思います。


私も、できる準備はきちんとして
しっかりと仕事をつとめられるように・・・
体調を整えることは当たり前。
心も頭の中も、クリアにしておかなければ!!と身の引き締まる思いです。


みんな、頑張ろうね!!

そして係員として尽力してくれるシニアメンバーさん
引率してくれるアシスタントさん
朝から送迎や応援に足を運んでくださる保護者のみなさん
良い大会になりますよう、ご協力よろしくお願いします!!




Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

こんなときこそ

6月後半、とても大切にしなければいけないのに
色々としんどい期間を過ごしております(;^_^A(;^_^A
体は元気なんですけどね~。

パソコンに向かう気にならず
Facebookもインスタもブログも書く気にならず

そこへきて、先日の地震。
幸い、家の中では写真立てが落ちて割れたり・・・
食器棚の背の高いものが転んだり・・・
その程度で済みましたが
夜の余震が気になっているのか寝不足です。
それは皆さん同じかもしれないですね。

更に重ねて、昨日は深夜に携帯が鳴り
非常事態かと思って跳び起きたら、なんといたずら電話。
立て続けに5回も鳴り・・・
着信拒否してもまた鳴り・・・
気持ち悪いし、、なんだかもう。

仕事上、教室の問い合わせ先などで携帯番号をオープンにしているので(;^_^A
こういったこともある程度は仕方ないと割り切るしかないですが。


イライラしているときに限って、サワもツグミもあれこれやってくれるので(苦笑)
いつもなら笑って流せることに、生えた角がしまえず(# ゚Д゚)
2人に対しても、めちゃくちゃ嫌な母親になってしまいました。。


根本的な問題が原因だとわかっていながら、解消できない苦しさ。
全ては自分が引き寄せていることなのでしょうね。



こんなに落ちていくのは久しぶりだな、なんて自己分析していて気付いたこと。


こんなときこそ、日々のルーティーンを変えてはいけないんだろうな、ということです。
そして気持ちを切り替える(嫌なことを忘れる)ために、何かに集中することも併せてやりたいですね。


というわけで、ブログ再開~。
(そんな何日も遠ざかっていないですがww)


そして、勢いに任せてカバン作り。
今、まったく急ぎでやりたかったことではないのですが(;^_^A
何かに集中したくて。



2018062001.jpg


シースルーのアニマル生地。
アニマル!!好き嫌いのあるデザインではありますが
色も落ち着いていて、柄も小さくしかもシースルーなので
そんなに嫌みがないかな~と思って選びました。


しかし、この布で数回手を切るという惨事(笑)
布で怪我!!
ハードなんですよね。切りっぱなしにしていた生地端でざっくり切って、流血してしまいました~。


子ども用のトルソーに持たせると、非常に違和感がありますね(笑)

2018062002.jpg


ちょっとしたお出かけに使おうと思います。

裾に少しだけ加えた革がポイントですよ♪

2018062003.jpg

適当な作りですが、自分で作るものだからいいのです!
好きな生地、好きな大きさ、好きなデザインでできるのが、手作りの最大の魅力ですねぇ(#^.^#)



さて、最後はこの可愛い画像を!


2018062004.jpg

昨シーズンのジュニア作品、「COOL THE HEAT!」の衣装をイメージした
アイシングクッキーですって!
ジュニアメンバーが、お誕生日に作ってもらったそうで、画像を送っていただきました。

可愛い~!!!



今年も衣装楽しみにしています!と言ってくださる保護者さんやメンバーも多く
ますます手作りの腕を磨かねば~!と気合も入りますね!(^^)!
喜んでくれる人がいるというのは幸せなことです。



今週末は、大切なコンテスト。
レッスンはあと3回・・・


落ちて行っている場合ではないですね!
生徒のためにも、二人の娘のためにも、そして何より自分のためにも(#^.^#)
前向きに頑張りたいと思います。


Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

長い歴史を・・・

日本バトン協会関西支部の広報誌「ONE]


2018061401.jpg


そして、おそらく日本で唯一のバトントワーリング専門誌「トワラー」


2018061402.jpg



特に、トワラーのスペシャルインタビュー&インタビューNOWのコーナー
いつも興味深く拝読しています。



バトントワラーのセカンドキャリアはどんなものなのか・・・
トップレベルの選手が、どんな道のりを歩んで今があるのか・・・
ご本人のリアルな言葉で語られているインタビューは、読みごたえがあるなぁといつも感じます。



バトントワラーのセカンドキャリア。私の中にぼんやりとある、永遠の課題・・・





さて。
今週は怒涛の一週間。
家にいる時間はほぼ無し(笑)!!
まさに寝る時だけ状態( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)
子育てと家事はどうしたものか・・・



学校クラブの朝練に行ったり

2018061403.jpg


レッスンの合間にライフワークである献血にいったり(#^.^#)

2018061404.jpg



なぜ、そんなに忙しい一週間かといいますと・・・



今週末に、大会が控えているからなのです。


第44回京都府高等学校バトントワリングコンテスト
2018.6.16㈯
西山公園体育館にて開催されます。


指導している高校2団体、そして中学が1団体、出場予定です!(^^)!
そのための練習、、時間があるなら、少しでも見に行きたい!それが本音
でも体は一つ、移動距離の事もありますし、なかなか思うようにはいきませんね(;^_^A


それに、あくまでも高校のクラブ。部活動。学校教育の一環としてのバトンですから
外部指導が出過ぎて「あれもこれも」というのは、違うかな、と思っています。
(あくまでも、私の個人的意見です)

練習内容や目標設定、全てをこちらが与えていては、生徒たちの自主性がどんどん失われますし
それと同時に怖いのが、生徒同士のコミュニケーション不足なんですよね。
コーチが指示する、生徒が「はい」と返事する。
それは一つの形ですが、それが中心になると怖いんです。

「自分たちでどうしたらいいか考えてごらん」
「短い時間でもいいから、必ず全員でミーティングすることを心掛けて」

今の私は、基本的にそういう立場を心掛けています。

自分たちで工夫したり、提案したり、問題点を話し合ったり
ぶつかったり、助け合ったり、納得したり、、
上級生だけがすべてを決めるのではなく、下級生の意見、悩みを共有すること
上級生の熱い想いを、秘めているだけではなく言葉で部員に伝えていくこと

こういった時間は、10回の技練よりも大切だと思うのです。



コミュニケーションをとるということは、相手を信頼し心を開いていくということに繋がります。
指導者が与えるばかりで、受け身の生徒たちからは、伸びしろが少ない気がするんですよね(-_-;)
「どうしたらいいですか」「どうやったらとれるようになりますか」
こう聞いてくる子は、学校の生徒にも、フェニックスの生徒にも時々いますが・・・
ヒントは与えられても、「これ」という明確な答えはなくて
それを試行錯誤して見つけていく過程、それこそが大切。
そこにかけた時間と努力、工夫、それが本人たちの力になると思うのです。



指導に行っている学校は、どちらも全く個性が異なっていて
学校の体制はもちろん、人数も、考え方も、クラブの内容も目的も、それぞれです。
でも、だからこそのカラー♪みんなとてもよく頑張っています!


3年間(中高一貫校であれば6年間)を通して、バトンから何を得るか
「楽しい!」「バトン大好き!」「部活のために学校行ってる(それはどうや!?)ww」
「部活がない学校生活は考えられない!」
私自身が、そういった幸せでやりがいのあるクラブ活動でしたので
今の生徒たちにもその思いを知ってもらえたらいいなと。常に感じています。


上達するために、厳しい練習は不可欠です。
でも「好きだから頑張れる」のです。
バトンが好きだから。メンバーが好きだから。これは、部活に限らず、スクールの活動でも同じだと思います。

メンバー同士も
指導者から生徒に対しても
ひとりひとりに敬意を払うこと
まさに、アスリートファーストですよね。
絶対に忘れてはいけないし、自分が関わる団体には、そのことを徹底したいと考えます。


そして、愚痴や言い訳、マイナスワードは原則禁止(笑)

短い練習時間だから、とか
体育館が使えないから、とか
休んでいる人がいるから、とか
レベルが違う人がいるから、とか
そういったできない理由を探すのはよくないですね。
たった一曲分でも、体育館を使えるのであれば、その時間が宝物のように大切になってきます!!

レベルが違うからこそ、助け合いや協力の意味を知りますし
頑張るパワーがわくはずです。
シニアメンバーを見て、ジュニアメンバーがどんどん成長するように・・・
上手にできなくても、真似してついていって、いつかできるようになるんですよ。
みんなが、休んでいる子のフォローを気持ちよくできるから
自分が休んだ時でも、必死になってみんなのために、自分の遅れを取り戻そうとする。
怪我や病気で離脱した子がいたら、その子のために何ができるかを考える。
離脱した子は、みんなのために何かできることはないかを考える。

それが私がバトンから得てほしい心の成長で、フェニックスでは当たり前の姿勢です。

だから、可能な限りチーム分けはしたくないし(;^_^A、
チームに関しては、メンバー選抜というようなシステムも採用していません。
もちろん、時と場合によるんですけれどね。。



大切に、一生懸命、仲間と一緒に意味のある時間を過ごしてほしい。
満足な練習環境でなくても、そこでできることは何か?を頭をつかって考え、実践してほしい。
生徒たちには、いつもそんな話をしています。


第44回。なんと長い歴史でしょうか・・・
この重み!!ですよね。
関西のバトントワーリングコンテストよりも、はるかに長い歴史なんだな~・・・と
京都の学校教育にバトンを取り入れた先生方のご努力を感じ、、頭が下がります。
自分が現役の頃も、指導者になりたての頃も、そういったことは感じることがなかなかできませんでしたが(;^_^A
今、ようやくその歴史の意味を感じることが出来る年齢になりました。


フェニックスにも、シュシュにも、小学生がたくさんいますので
「学校のクラブでバトン部があればいいのになぁ~」
そういった声はたくさん聞きます。

そうだよね・・・
もっと手軽に、いい意味で気軽に始められるという認識に変わらないかな。


確かに、バトン部がある学校(特に中学)は珍しいのですが、それでも他府県と比べると、京都の学校バトンは充実しています!
いつか高校のクラブ活動でバトンをやりたいと思っているなら
いちどこの大会に足を運んでみてください。そう保護者の方にはよくお話しています(#^.^#)


顧問の先生から、恒例の差し入れ!
「きんとろう!」(笑)


これ、どの大会の前でも、必ずいただくんですよ。もちろん、様々なバージョンで!
「キットカット」は当たり前で
「金のミルク」飴だったり、、いつも目の付け所に思わず笑ってしまいます。
先生曰く、ネタを使いつくして、今ではこうして加工してしまいます。ですって。


2018061405.jpg


そして、願いは叶う

2018061406.jpg



そうですね。この大会に向けて、生徒たちが掲げた目標が、達成できるように。
願いが叶いますように!!




あと2日。頑張ります!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

模擬コンテスト

関西バトントワーリングコンテストに向けて・・・
衣装を着用しての模擬コンテストを行いました。



緊張感をもって臨みましょう!!

2018061101.jpg



演技が終わって、ホッと一息の表情でしょうか。

2018061102.jpg


今回は、発表会と時期が近かったこともあり、コンテストの参加者が少なめです。
ソロコンテストは、自分自身のレベルアップを目的に行いますので、参加不参加は本人の意思に任せています。
もちろん、アドバイスはしますが(#^.^#)


練習期間が短くても、その分質の良い練習ができれば、きっとチャレンジする意味はあると思います。
かといって、1週間質の良い練習をしたから金賞が取れるものでは当然ありませんね(;^_^A


テストの一夜漬けじゃあるまいし(笑)・・・ね。


練習を頑張るから
結果が「金賞」ならものすごく嬉しいでしょうし
「銀賞」や「銅賞」なら、とても悔しいでしょう。

逆は?

なんとなく練習していたら、嬉しさも悔しさも「まぁ、そんなもん」です。


自分の生徒には、前者であってほしい・・・
そう思います。




チャレンジすると決めたなら、限られた時間であっても自分自身最高の練習をする。
わかっていても、年齢的に幼くなればなるほど、それは難しくて

そこを管理し、指導し、良い練習に導くのが私の仕事なんだと思います。


自分の一挙手一投足、全てに神経を張り巡らせたり
人に流されず集中して練習したり

なんで注意したのになおさないの??とか
それ、気を付けながらやってる??とか
ツッコミどころ満載の練習をしている子を見ると、自分の力のなさを痛感。
情けない感情がこみ上げます。

子どもが、親を見て育つように
生徒は指導者を見て育つのであって
このぬる~い感じは、私そのものなんだろうな、、と(;^_^A



もっともっと・・・良い練習。質の良い練習が当たり前のようにできるスクールを目指したいのに、なかなかです。
何を変えていけばいいのかな~。
厳しく言うばかりが指導ではないし

気付いてほしい、もっと可能性を追求してほしい、できない理由を探すのではなく、そのなかでできることを全力でやってほしい
私のほうこそ、ほしいほしいばかりで。
何も変わっていないのかもしれません。


冷静に考えてみると、生徒はみんな成長しています。
その速度は様々ですし、はっきりと目に見える成長もあれば、ほんの小さな成長も。

振付もあやふや、なかなかこちらの求めているものが伝わらない、どうしようか・・・という生徒が
「先生、見てください」と自分で言えるようになったこと。

バトンは「取れたらいい」という考えがなかなか捨てられなかった生徒が
足先を伸ばそうとしたり、姿勢を意識したり、「やりにくいこと」に向き合えるようになったこと。

これ、ごく一部です。
生徒たちの成長を集めたら、長い長い文章をかける自信があります♪



私はどうか??




年齢とともに衰え、退化し、視野が狭くなり・・・
考え方も頑固になったり、そんな年齢の重ね方は嫌だな(;^_^A


指導の軸はしっかり持たなければいけませんが
柔軟に、バランスよく、そんな人間でいたいと思います。
勉強・研究・努力をし続けることも大切ですね。



昨日は夜のレッスンがなかったので、晩御飯を丁寧に作ってみました。
(いつもは・・・手抜きすぎて(;^_^A)


ツグミは、「お母さんに変身でーす!」といってエプロン着用!
卵を全力で割ってバリバリにしてくれたり(笑)
フライパンを触ってしまって「熱い~!!」と泣いたり(;^_^A(;^_^A
まぁ、騒々しいこと。


ブロッコリーはメッタ切りにされました(笑)

2018061103.jpg


もっとやる!もっともっと!というので
どんどん品数が増えて(笑)
豪華な食事になりました~。

たまにはいいよね、とサワと苦笑い。



食後は、バトン観戦~。

2018061104.jpg


態度悪いぞ~(;^_^A
正座してみてほしいくらいやけど!!

2018061105.jpg


演技のたびに入る解説や、司会者のコメントがなかなか興味深くて
ついつい、見入ってしまいますね。


これもまた、一つの勉強方法かなと思います。




さて、今日はこれから幼稚園のレッスンと
外部指導でお世話になっている高校の夜間レッスン!
長い一日ですが(^^)/頑張ります。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

カットワーク

遅ればせながら購入したCD


2018060901.jpg


いい曲が多いです!(^^)!

DVDもレンタルが始まっているので、見たい気持ちはあるのですが、なかなか。。
先日、軽い気持ちでレンタルしたのに、結局時間を生み出せず(笑)見ないで返すという!!
最高レベルのもったいなさ(;^_^A無駄遣いってこういうことですよね。

小さな出費ですが、こういうのが私のダメなところの一つ。。
反省。



本日のタイトル、カットワーク。
衣装の残り布を利用して、髪飾りを作っています。


なんとなくこんなイメージ。不思議な感じで。と、ざっくりツタの模様をかいて、型紙を作成。
たくさん作るときは、面倒でも型紙が絶対に必要です。

布には薄手の接着芯を貼り、そこにデザインを書き写します。

そしてカットワーク開始~。


2018060902.jpg


2018060903.jpg

難しい作業ではありませんが、、指が痛い(;^_^A
根を詰めて作業をしていると感じませんが、全部きり終わった時には、指に変な跡がついていました。
ハサミをぐっと握るからかな~。

組み合わせて、黒のハードチュール(髪飾りの土台になります)に縫い付けていきます。

2018060904.jpg


トンボみたいですね(笑)



ここに、装飾を施していきます。
これがね、なかなか難しい。
すでに3回ほどやり直して(笑)、まだ決まらず・・・

費用を抑えるために、捨てる予定の衣装から外したストーンを付けてみたり。
あれこれ試行錯誤しています。
もちろん、中古のストーンでも、輝きは変わっていないので、問題なく使えるのです(#^.^#)
いいお品を買っておくと、こうして長く使えるんですよね~。


最終、どんな形におさまるか・・・




先日から、アメブロさんでもブログを書いています。
fc2さん
アメブロさん
Facebook
インスタグラム
公式ホームページ等々

どれもこれもちょこっとずつ更新している感じですが
フェニックスのことを広く知っていただいたり、バトンの魅力を発信するのには、いったいどんな方法があるのかな~。。
専門知識がないので、よくわかりません(;^_^A
自分のできる範囲のことしかやっていないので、なんともいえませんが・・・


特に、二つのブログ。どう使い分けているかというと
fc2さん(こちらのページ)のブログは、「長い」のが特徴(笑)
自分の書きたい欲求、何かを発信したい欲求、、これを傾けている感じでしょうか。
主にパソコンからの更新なので、長い文章でも書くのが苦になりません。
(読む方には「苦」だったりして!?!?)
とはいえ、パソコンからなのでこまめに更新しづらいのが難点でした。
写真なども一度パソコンに取り込んで、、とか
時間があるときに、、という感じになってしまって。
ちゃんと活動していますよ!!というリアルタイムの発信ができずにいたんですよね。



アメブロさんは、スマホから更新しています。
短く、ラフに、こまめに!!がテーマ。
写真を載せるのもらくちん♪
絵文字も可愛いですし(^^)/
言葉も、めっちゃ関西弁だったり(笑)かなりラフな感じになっています。

アメブロさんを利用されている方、フェニックスバトンチームでぜひ検索してみてくださいね~!(^^)!


・・・関西弁で思い出しました。
先日、レッスンの際に私の言葉に、なぜか生徒がクスクス・・・
ん??なんかおかしなこと言った???

聞いてみると
「先生、今めっちゃ関西弁やったから」


えぇ~??そりゃそうやん。関西人やもん。
と思ったのですが、よくよく聞いてみると、私、指導のときはあまり関西弁が出ていないんですって(笑)
意識したことなかったな~。そうなのかしら。

確かに、幼少期は東京に住んでいたので、今でも単語は標準語のイントネーションなんです。
普通に話をするときは、べたべたの関西弁のつもりでしたが(笑)
このブログもあまり口語体では書かないので、関西弁は出てこないですしね。


アメブロさんでは、関西弁ばっかりかも(笑)




ブログを書いたり、SNSで発信をするのって、なぜかな??と考えたとき

バトンを広めたい
バトンの魅力をしってもらいたい
フェニックスの頑張りをたくさんの人に発信したい
仲間を増やしたい

様々な理由がありますが

バトンにもフェニックスにも関係のない理由が一つ。
私自身が、きっと何かを求めているんですよね~。

ずっと満たされていない承認欲求でしょうか(笑)
誰が読んでいるかも、どこに通じているかもわからないですが
それでも誰かに認めてもらいたい。見ていてもらいたい。
なんだかそんなことが根底にある気がします。
さみしがりの子供みたいですね(笑)!!



今日は12-21時、体育館にこもってレッスンです。
やりがいのある仕事に出会えた喜びを胸に、自分の精一杯を生きていこうと思います。
今日も頑張ります♪♪


Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 
フェニックスバトンチーム

京都バトン研究会分校・フェニックス

朝の日課

サワに「最近のママは寝落ちし過ぎや」と指摘を受けました( ̄▽ ̄)


確かに!!


どうしてもね~・・・
ツグミを寝かしつけて、そのまま一緒に寝落ち。という状態が続いていて。
どう考えても寝すぎています(笑)


朝は早めに起きるのですが、もうちょっと生活リズムをしっかり整えたいところです。




さて。そんな私の朝の日課は
大切に育てているメダカのお世話(#^.^#)
玄関先にメダカ鉢を二つ置いているのですが、そこに座り込み、まずはメダカの観察をします。

それから、採卵♪
これが楽しいんですよね~。

気温も水温もいい感じのこの時期、メダカたちはたくさん卵を産んでくれるのです。
見つけた時の嬉しさと言ったら。

そのままにしておくと、親メダカに食べられてしまうので、丁寧に採卵して、別の水槽にうつします。


そこを観察するのも、日課の一つ。
少しずつ卵が変化していく様子がわかって、これまた嬉しいのです!(^^)!


そして、今日はとうとう可愛い赤ちゃんに出会いましたよ♪
無事、孵化してくれたのです~。嬉しい~!!



2018062201.jpg


正式名称なのか、通称なのかわかりませんが
メダカの赤ちゃんには「針子」という呼び名があるようです。
名前の通り、針のように細い!そして小さくて繊細で・・・


本当に可愛いんですよ~(#^.^#)
眺めていると、時間があっという間に経ちます。
人間の赤ちゃんを見ている時と同じかも。


こんなことをしていると、そうですね、、
軽く30分間は玄関先に座り込んでいるので( ̄▽ ̄)
ご近所の方には怪しまれているかもしれません(笑)


このまま大きく育ってくれますように!
そして、たくさんある卵たちも、無事に孵化するといいな♪




本業のほうは、いよいよ明後日に迫ったバトンコンテストに向けて最終準備!
レッスンにも、私自身の準備にも、力が入ります。



半年間
一年間
それよりももっと??
バトンコンテストに向けて、人それぞれ・・・かけてきた時間も思いも異なるとは思いますが
悔いのない本番を迎えてほしいと思います。


私も、できる準備はきちんとして
しっかりと仕事をつとめられるように・・・
体調を整えることは当たり前。
心も頭の中も、クリアにしておかなければ!!と身の引き締まる思いです。


みんな、頑張ろうね!!

そして係員として尽力してくれるシニアメンバーさん
引率してくれるアシスタントさん
朝から送迎や応援に足を運んでくださる保護者のみなさん
良い大会になりますよう、ご協力よろしくお願いします!!




Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

こんなときこそ

6月後半、とても大切にしなければいけないのに
色々としんどい期間を過ごしております(;^_^A(;^_^A
体は元気なんですけどね~。

パソコンに向かう気にならず
Facebookもインスタもブログも書く気にならず

そこへきて、先日の地震。
幸い、家の中では写真立てが落ちて割れたり・・・
食器棚の背の高いものが転んだり・・・
その程度で済みましたが
夜の余震が気になっているのか寝不足です。
それは皆さん同じかもしれないですね。

更に重ねて、昨日は深夜に携帯が鳴り
非常事態かと思って跳び起きたら、なんといたずら電話。
立て続けに5回も鳴り・・・
着信拒否してもまた鳴り・・・
気持ち悪いし、、なんだかもう。

仕事上、教室の問い合わせ先などで携帯番号をオープンにしているので(;^_^A
こういったこともある程度は仕方ないと割り切るしかないですが。


イライラしているときに限って、サワもツグミもあれこれやってくれるので(苦笑)
いつもなら笑って流せることに、生えた角がしまえず(# ゚Д゚)
2人に対しても、めちゃくちゃ嫌な母親になってしまいました。。


根本的な問題が原因だとわかっていながら、解消できない苦しさ。
全ては自分が引き寄せていることなのでしょうね。



こんなに落ちていくのは久しぶりだな、なんて自己分析していて気付いたこと。


こんなときこそ、日々のルーティーンを変えてはいけないんだろうな、ということです。
そして気持ちを切り替える(嫌なことを忘れる)ために、何かに集中することも併せてやりたいですね。


というわけで、ブログ再開~。
(そんな何日も遠ざかっていないですがww)


そして、勢いに任せてカバン作り。
今、まったく急ぎでやりたかったことではないのですが(;^_^A
何かに集中したくて。



2018062001.jpg


シースルーのアニマル生地。
アニマル!!好き嫌いのあるデザインではありますが
色も落ち着いていて、柄も小さくしかもシースルーなので
そんなに嫌みがないかな~と思って選びました。


しかし、この布で数回手を切るという惨事(笑)
布で怪我!!
ハードなんですよね。切りっぱなしにしていた生地端でざっくり切って、流血してしまいました~。


子ども用のトルソーに持たせると、非常に違和感がありますね(笑)

2018062002.jpg


ちょっとしたお出かけに使おうと思います。

裾に少しだけ加えた革がポイントですよ♪

2018062003.jpg

適当な作りですが、自分で作るものだからいいのです!
好きな生地、好きな大きさ、好きなデザインでできるのが、手作りの最大の魅力ですねぇ(#^.^#)



さて、最後はこの可愛い画像を!


2018062004.jpg

昨シーズンのジュニア作品、「COOL THE HEAT!」の衣装をイメージした
アイシングクッキーですって!
ジュニアメンバーが、お誕生日に作ってもらったそうで、画像を送っていただきました。

可愛い~!!!



今年も衣装楽しみにしています!と言ってくださる保護者さんやメンバーも多く
ますます手作りの腕を磨かねば~!と気合も入りますね!(^^)!
喜んでくれる人がいるというのは幸せなことです。



今週末は、大切なコンテスト。
レッスンはあと3回・・・


落ちて行っている場合ではないですね!
生徒のためにも、二人の娘のためにも、そして何より自分のためにも(#^.^#)
前向きに頑張りたいと思います。


Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

長い歴史を・・・

日本バトン協会関西支部の広報誌「ONE]


2018061401.jpg


そして、おそらく日本で唯一のバトントワーリング専門誌「トワラー」


2018061402.jpg



特に、トワラーのスペシャルインタビュー&インタビューNOWのコーナー
いつも興味深く拝読しています。



バトントワラーのセカンドキャリアはどんなものなのか・・・
トップレベルの選手が、どんな道のりを歩んで今があるのか・・・
ご本人のリアルな言葉で語られているインタビューは、読みごたえがあるなぁといつも感じます。



バトントワラーのセカンドキャリア。私の中にぼんやりとある、永遠の課題・・・





さて。
今週は怒涛の一週間。
家にいる時間はほぼ無し(笑)!!
まさに寝る時だけ状態( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)
子育てと家事はどうしたものか・・・



学校クラブの朝練に行ったり

2018061403.jpg


レッスンの合間にライフワークである献血にいったり(#^.^#)

2018061404.jpg



なぜ、そんなに忙しい一週間かといいますと・・・



今週末に、大会が控えているからなのです。


第44回京都府高等学校バトントワリングコンテスト
2018.6.16㈯
西山公園体育館にて開催されます。


指導している高校2団体、そして中学が1団体、出場予定です!(^^)!
そのための練習、、時間があるなら、少しでも見に行きたい!それが本音
でも体は一つ、移動距離の事もありますし、なかなか思うようにはいきませんね(;^_^A


それに、あくまでも高校のクラブ。部活動。学校教育の一環としてのバトンですから
外部指導が出過ぎて「あれもこれも」というのは、違うかな、と思っています。
(あくまでも、私の個人的意見です)

練習内容や目標設定、全てをこちらが与えていては、生徒たちの自主性がどんどん失われますし
それと同時に怖いのが、生徒同士のコミュニケーション不足なんですよね。
コーチが指示する、生徒が「はい」と返事する。
それは一つの形ですが、それが中心になると怖いんです。

「自分たちでどうしたらいいか考えてごらん」
「短い時間でもいいから、必ず全員でミーティングすることを心掛けて」

今の私は、基本的にそういう立場を心掛けています。

自分たちで工夫したり、提案したり、問題点を話し合ったり
ぶつかったり、助け合ったり、納得したり、、
上級生だけがすべてを決めるのではなく、下級生の意見、悩みを共有すること
上級生の熱い想いを、秘めているだけではなく言葉で部員に伝えていくこと

こういった時間は、10回の技練よりも大切だと思うのです。



コミュニケーションをとるということは、相手を信頼し心を開いていくということに繋がります。
指導者が与えるばかりで、受け身の生徒たちからは、伸びしろが少ない気がするんですよね(-_-;)
「どうしたらいいですか」「どうやったらとれるようになりますか」
こう聞いてくる子は、学校の生徒にも、フェニックスの生徒にも時々いますが・・・
ヒントは与えられても、「これ」という明確な答えはなくて
それを試行錯誤して見つけていく過程、それこそが大切。
そこにかけた時間と努力、工夫、それが本人たちの力になると思うのです。



指導に行っている学校は、どちらも全く個性が異なっていて
学校の体制はもちろん、人数も、考え方も、クラブの内容も目的も、それぞれです。
でも、だからこそのカラー♪みんなとてもよく頑張っています!


3年間(中高一貫校であれば6年間)を通して、バトンから何を得るか
「楽しい!」「バトン大好き!」「部活のために学校行ってる(それはどうや!?)ww」
「部活がない学校生活は考えられない!」
私自身が、そういった幸せでやりがいのあるクラブ活動でしたので
今の生徒たちにもその思いを知ってもらえたらいいなと。常に感じています。


上達するために、厳しい練習は不可欠です。
でも「好きだから頑張れる」のです。
バトンが好きだから。メンバーが好きだから。これは、部活に限らず、スクールの活動でも同じだと思います。

メンバー同士も
指導者から生徒に対しても
ひとりひとりに敬意を払うこと
まさに、アスリートファーストですよね。
絶対に忘れてはいけないし、自分が関わる団体には、そのことを徹底したいと考えます。


そして、愚痴や言い訳、マイナスワードは原則禁止(笑)

短い練習時間だから、とか
体育館が使えないから、とか
休んでいる人がいるから、とか
レベルが違う人がいるから、とか
そういったできない理由を探すのはよくないですね。
たった一曲分でも、体育館を使えるのであれば、その時間が宝物のように大切になってきます!!

レベルが違うからこそ、助け合いや協力の意味を知りますし
頑張るパワーがわくはずです。
シニアメンバーを見て、ジュニアメンバーがどんどん成長するように・・・
上手にできなくても、真似してついていって、いつかできるようになるんですよ。
みんなが、休んでいる子のフォローを気持ちよくできるから
自分が休んだ時でも、必死になってみんなのために、自分の遅れを取り戻そうとする。
怪我や病気で離脱した子がいたら、その子のために何ができるかを考える。
離脱した子は、みんなのために何かできることはないかを考える。

それが私がバトンから得てほしい心の成長で、フェニックスでは当たり前の姿勢です。

だから、可能な限りチーム分けはしたくないし(;^_^A、
チームに関しては、メンバー選抜というようなシステムも採用していません。
もちろん、時と場合によるんですけれどね。。



大切に、一生懸命、仲間と一緒に意味のある時間を過ごしてほしい。
満足な練習環境でなくても、そこでできることは何か?を頭をつかって考え、実践してほしい。
生徒たちには、いつもそんな話をしています。


第44回。なんと長い歴史でしょうか・・・
この重み!!ですよね。
関西のバトントワーリングコンテストよりも、はるかに長い歴史なんだな~・・・と
京都の学校教育にバトンを取り入れた先生方のご努力を感じ、、頭が下がります。
自分が現役の頃も、指導者になりたての頃も、そういったことは感じることがなかなかできませんでしたが(;^_^A
今、ようやくその歴史の意味を感じることが出来る年齢になりました。


フェニックスにも、シュシュにも、小学生がたくさんいますので
「学校のクラブでバトン部があればいいのになぁ~」
そういった声はたくさん聞きます。

そうだよね・・・
もっと手軽に、いい意味で気軽に始められるという認識に変わらないかな。


確かに、バトン部がある学校(特に中学)は珍しいのですが、それでも他府県と比べると、京都の学校バトンは充実しています!
いつか高校のクラブ活動でバトンをやりたいと思っているなら
いちどこの大会に足を運んでみてください。そう保護者の方にはよくお話しています(#^.^#)


顧問の先生から、恒例の差し入れ!
「きんとろう!」(笑)


これ、どの大会の前でも、必ずいただくんですよ。もちろん、様々なバージョンで!
「キットカット」は当たり前で
「金のミルク」飴だったり、、いつも目の付け所に思わず笑ってしまいます。
先生曰く、ネタを使いつくして、今ではこうして加工してしまいます。ですって。


2018061405.jpg


そして、願いは叶う

2018061406.jpg



そうですね。この大会に向けて、生徒たちが掲げた目標が、達成できるように。
願いが叶いますように!!




あと2日。頑張ります!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

模擬コンテスト

関西バトントワーリングコンテストに向けて・・・
衣装を着用しての模擬コンテストを行いました。



緊張感をもって臨みましょう!!

2018061101.jpg



演技が終わって、ホッと一息の表情でしょうか。

2018061102.jpg


今回は、発表会と時期が近かったこともあり、コンテストの参加者が少なめです。
ソロコンテストは、自分自身のレベルアップを目的に行いますので、参加不参加は本人の意思に任せています。
もちろん、アドバイスはしますが(#^.^#)


練習期間が短くても、その分質の良い練習ができれば、きっとチャレンジする意味はあると思います。
かといって、1週間質の良い練習をしたから金賞が取れるものでは当然ありませんね(;^_^A


テストの一夜漬けじゃあるまいし(笑)・・・ね。


練習を頑張るから
結果が「金賞」ならものすごく嬉しいでしょうし
「銀賞」や「銅賞」なら、とても悔しいでしょう。

逆は?

なんとなく練習していたら、嬉しさも悔しさも「まぁ、そんなもん」です。


自分の生徒には、前者であってほしい・・・
そう思います。




チャレンジすると決めたなら、限られた時間であっても自分自身最高の練習をする。
わかっていても、年齢的に幼くなればなるほど、それは難しくて

そこを管理し、指導し、良い練習に導くのが私の仕事なんだと思います。


自分の一挙手一投足、全てに神経を張り巡らせたり
人に流されず集中して練習したり

なんで注意したのになおさないの??とか
それ、気を付けながらやってる??とか
ツッコミどころ満載の練習をしている子を見ると、自分の力のなさを痛感。
情けない感情がこみ上げます。

子どもが、親を見て育つように
生徒は指導者を見て育つのであって
このぬる~い感じは、私そのものなんだろうな、、と(;^_^A



もっともっと・・・良い練習。質の良い練習が当たり前のようにできるスクールを目指したいのに、なかなかです。
何を変えていけばいいのかな~。
厳しく言うばかりが指導ではないし

気付いてほしい、もっと可能性を追求してほしい、できない理由を探すのではなく、そのなかでできることを全力でやってほしい
私のほうこそ、ほしいほしいばかりで。
何も変わっていないのかもしれません。


冷静に考えてみると、生徒はみんな成長しています。
その速度は様々ですし、はっきりと目に見える成長もあれば、ほんの小さな成長も。

振付もあやふや、なかなかこちらの求めているものが伝わらない、どうしようか・・・という生徒が
「先生、見てください」と自分で言えるようになったこと。

バトンは「取れたらいい」という考えがなかなか捨てられなかった生徒が
足先を伸ばそうとしたり、姿勢を意識したり、「やりにくいこと」に向き合えるようになったこと。

これ、ごく一部です。
生徒たちの成長を集めたら、長い長い文章をかける自信があります♪



私はどうか??




年齢とともに衰え、退化し、視野が狭くなり・・・
考え方も頑固になったり、そんな年齢の重ね方は嫌だな(;^_^A


指導の軸はしっかり持たなければいけませんが
柔軟に、バランスよく、そんな人間でいたいと思います。
勉強・研究・努力をし続けることも大切ですね。



昨日は夜のレッスンがなかったので、晩御飯を丁寧に作ってみました。
(いつもは・・・手抜きすぎて(;^_^A)


ツグミは、「お母さんに変身でーす!」といってエプロン着用!
卵を全力で割ってバリバリにしてくれたり(笑)
フライパンを触ってしまって「熱い~!!」と泣いたり(;^_^A(;^_^A
まぁ、騒々しいこと。


ブロッコリーはメッタ切りにされました(笑)

2018061103.jpg


もっとやる!もっともっと!というので
どんどん品数が増えて(笑)
豪華な食事になりました~。

たまにはいいよね、とサワと苦笑い。



食後は、バトン観戦~。

2018061104.jpg


態度悪いぞ~(;^_^A
正座してみてほしいくらいやけど!!

2018061105.jpg


演技のたびに入る解説や、司会者のコメントがなかなか興味深くて
ついつい、見入ってしまいますね。


これもまた、一つの勉強方法かなと思います。




さて、今日はこれから幼稚園のレッスンと
外部指導でお世話になっている高校の夜間レッスン!
長い一日ですが(^^)/頑張ります。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

カットワーク

遅ればせながら購入したCD


2018060901.jpg


いい曲が多いです!(^^)!

DVDもレンタルが始まっているので、見たい気持ちはあるのですが、なかなか。。
先日、軽い気持ちでレンタルしたのに、結局時間を生み出せず(笑)見ないで返すという!!
最高レベルのもったいなさ(;^_^A無駄遣いってこういうことですよね。

小さな出費ですが、こういうのが私のダメなところの一つ。。
反省。



本日のタイトル、カットワーク。
衣装の残り布を利用して、髪飾りを作っています。


なんとなくこんなイメージ。不思議な感じで。と、ざっくりツタの模様をかいて、型紙を作成。
たくさん作るときは、面倒でも型紙が絶対に必要です。

布には薄手の接着芯を貼り、そこにデザインを書き写します。

そしてカットワーク開始~。


2018060902.jpg


2018060903.jpg

難しい作業ではありませんが、、指が痛い(;^_^A
根を詰めて作業をしていると感じませんが、全部きり終わった時には、指に変な跡がついていました。
ハサミをぐっと握るからかな~。

組み合わせて、黒のハードチュール(髪飾りの土台になります)に縫い付けていきます。

2018060904.jpg


トンボみたいですね(笑)



ここに、装飾を施していきます。
これがね、なかなか難しい。
すでに3回ほどやり直して(笑)、まだ決まらず・・・

費用を抑えるために、捨てる予定の衣装から外したストーンを付けてみたり。
あれこれ試行錯誤しています。
もちろん、中古のストーンでも、輝きは変わっていないので、問題なく使えるのです(#^.^#)
いいお品を買っておくと、こうして長く使えるんですよね~。


最終、どんな形におさまるか・・・




先日から、アメブロさんでもブログを書いています。
fc2さん
アメブロさん
Facebook
インスタグラム
公式ホームページ等々

どれもこれもちょこっとずつ更新している感じですが
フェニックスのことを広く知っていただいたり、バトンの魅力を発信するのには、いったいどんな方法があるのかな~。。
専門知識がないので、よくわかりません(;^_^A
自分のできる範囲のことしかやっていないので、なんともいえませんが・・・


特に、二つのブログ。どう使い分けているかというと
fc2さん(こちらのページ)のブログは、「長い」のが特徴(笑)
自分の書きたい欲求、何かを発信したい欲求、、これを傾けている感じでしょうか。
主にパソコンからの更新なので、長い文章でも書くのが苦になりません。
(読む方には「苦」だったりして!?!?)
とはいえ、パソコンからなのでこまめに更新しづらいのが難点でした。
写真なども一度パソコンに取り込んで、、とか
時間があるときに、、という感じになってしまって。
ちゃんと活動していますよ!!というリアルタイムの発信ができずにいたんですよね。



アメブロさんは、スマホから更新しています。
短く、ラフに、こまめに!!がテーマ。
写真を載せるのもらくちん♪
絵文字も可愛いですし(^^)/
言葉も、めっちゃ関西弁だったり(笑)かなりラフな感じになっています。

アメブロさんを利用されている方、フェニックスバトンチームでぜひ検索してみてくださいね~!(^^)!


・・・関西弁で思い出しました。
先日、レッスンの際に私の言葉に、なぜか生徒がクスクス・・・
ん??なんかおかしなこと言った???

聞いてみると
「先生、今めっちゃ関西弁やったから」


えぇ~??そりゃそうやん。関西人やもん。
と思ったのですが、よくよく聞いてみると、私、指導のときはあまり関西弁が出ていないんですって(笑)
意識したことなかったな~。そうなのかしら。

確かに、幼少期は東京に住んでいたので、今でも単語は標準語のイントネーションなんです。
普通に話をするときは、べたべたの関西弁のつもりでしたが(笑)
このブログもあまり口語体では書かないので、関西弁は出てこないですしね。


アメブロさんでは、関西弁ばっかりかも(笑)




ブログを書いたり、SNSで発信をするのって、なぜかな??と考えたとき

バトンを広めたい
バトンの魅力をしってもらいたい
フェニックスの頑張りをたくさんの人に発信したい
仲間を増やしたい

様々な理由がありますが

バトンにもフェニックスにも関係のない理由が一つ。
私自身が、きっと何かを求めているんですよね~。

ずっと満たされていない承認欲求でしょうか(笑)
誰が読んでいるかも、どこに通じているかもわからないですが
それでも誰かに認めてもらいたい。見ていてもらいたい。
なんだかそんなことが根底にある気がします。
さみしがりの子供みたいですね(笑)!!



今日は12-21時、体育館にこもってレッスンです。
やりがいのある仕事に出会えた喜びを胸に、自分の精一杯を生きていこうと思います。
今日も頑張ります♪♪


Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  |