京都バトン研究会分校・フェニックス

気になるお天気

いよいよ今週末!
宇治橋通「わんさかフェスタ」が開催されます。

10/21土曜日
フェニックスバトンチームは15:00-15:20の出演になります。

2017-festa-omote.gif

15回目のアニバーサリーなんですね!!
会場である宇治橋通商店街特設ステージは、私が以前住んでいたマンションの隣なのです。
(というか、同じ敷地。というくらいすぐそば!!)

超♪がつくくらいの地元での出演イベントですので、子どもたちもとても楽しみにしています!
お友達や、知っている方に見ていただく最高の機会です!(^^)!

そして、野外ステージですので、通りすがりの方にも見ていただくことが出来ます。
屋内イベントや発表会だと、「バトンを見たいな」と思って見に来て下さる方が多いかと思いますが
通りすがりの方や、バトンを知らない方に
「わぁ、バトンって可愛い!素敵!」と思っていただけたら、とっても嬉しいです!(^^)!

心配なのはお天気(;^_^A。。
台風の影響もあり、この週末は雨予報なんですよね。。
どうか、お天気が味方をしてくれるように、祈りたいと思います!

昨年のブログを見ていると、その時も雨が心配、だと書いてあって(;^_^A
やはり時期的にどうしても・・・ね。

10月も折り返し。
さぁ、気持ち新たに!がんばるぞ~。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

嬉しい発見

いつもバトンレッスンでお世話になっている幼稚園のホームページを拝見していて
嬉しい記事を発見しました!


2017101701.png


幼稚園運動会での一輪車&バトンコラボレーションと、
フェニックスメンバーのバトン演技について、園長先生が記事を書いてくださっています!(^^)!


嬉しいです!!


たった2人の年長さんバトンメンバーのために
こうして発表の場をいただけたこと
卒園児でもあるフェニックスの生徒の出演を快諾してくださったこと
改めて、園長先生の広いお気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです!


本当にありがとうございました!!



少なからずこうしてバトンに関わる者として
常に考えていることは
「競技としてのバトン」
「文化芸術としてのバトン」
この特性の違いを、どれだけ理解して正しく取り組めるかどうか

そもそも、人間が考える事ですから「正解」がどこにあるのかはわかりませんが
自分の思い・考え・行動の軸が「正しいのだ」と信念を持つことが何より大切だと思っています。


ただ、「正しい」という思い込みが突っ走ると周りが見えなくなることもよくありますので(;^_^A
常に人の言葉に耳を傾け、謙虚に物事に向き合うことも忘れてはいけません。

複眼で見る
中道を歩む


確かに、バトンのトップレベルの演技を見ていると
「すごいことしてるな」、、なんて、素人さんのような感想が出てくることもありますが(笑)
そこに心を打つものがあるかどうかは、別問題です。

メンバーだけで工夫して、頑張って作品を作って踊っている学校団体や
小さな子どもたちのバトン演技
身内自慢にはなりますが、大人のバトン「ルージュメンバー」の練習光景
一生懸命やっている姿を見ていると、そこに高い技術レベルがなくとも心を打つものがあって
「頑張れ!」という気持ちが湧いてきます。

小さな規模の野外ステージであっても
学校の文化祭であっても
全国大会であっても
世界大会であっても

同じバトンですね。


同じであって、それでも違う特性があって
そこに一生懸命さ、まっすぐな気持ち、取り組む正しい目的があれば
それでいい。そう思います。

結果を出してなんぼやろ、と言われたらそこまでですが(;^_^A
結果にたどり着くまでを冷静に見ていれば
その子の(またはチームの)一生懸命さや努力、キラキラ輝く瞬間が山のようにあるはずなんですよね。

そういう部分を見逃さない指導者でありたいな。
キラキラ輝く瞬間を認めて、一緒に喜べる指導者でありたいな。

あま~~い!!


なんて声も聞こえてきますが( ̄▽ ̄)



今では、心の底からそう考えられるようになりました。



自分ではどうしようもないものに苦しみながら、
他者に振り回されながら、
まわりと比べる事ばかり、
そんなの楽しくないですものね!!


幼稚園の運動会で演技できた!
バトンの世界から見たら、本当に小さな小さな出来事かもしれませんが
子どもたちはキラキラ輝いていました!(^^)!

これからも、こういう思いを大切に・・・
もちろん、正しい方法で結果を残して行く事も目的として忘れずに!!

そんなフェニックスバトンチームでありたいな。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

発熱

天使のような寝顔!!


2017101203.jpg

実はこれ、発熱でぐったり・・・の様子です(;^_^A
サワは滅多になかったのですが、ツグミはよく体調を崩すんですよねぇ。
39度を超えると、さすがにぐったり・・・
ゴロゴロ・ウトウト・グズグズ、、でした。

発熱以外の症状が特になかったので、ひたすら熱が下がるのを待って・・・

こうして、体が強くなっていくんだろうなぁと。(呑気??)



おかげさまで、一日半で回復~。
よかったです!!

ひたすら寝ていたからなのか、今日はなんと4時30分起床!早い!!
パチッと目をあけて、「起きる~!」「ジュース飲む~」ですって(;^_^A
子どもは元気が一番ですねぇ。
ここで無理をさせず、ゆっくり日常生活に戻していきたいと思います。
(今日はレッスンを入れていなかったので、それも幸い!!)

気温の変化が激しく、大人でも体調が崩れがちですね。
せっかく衣替えをしたのに、また夏に戻り・・・でもまた週末から寒くなるとか。
ジュニアメンバーも、体調を崩している子が何人かいます。
学校もバトンも、行事が多い秋ですからね、無理は禁物!
私自身も体調を崩さないように、頑張りたいと思います。


昨日は、ひたすらツグミに付き添う一日。
目を覚ましてはいけないので、ミシンかけが出来ず、、
静かに作業できるパソコン仕事に徹していました。
発表会に向けて、プログラム用写真の素材探し&整理をしていたら
懐かしい写真がたーーくさん!!

これはいつのかな~??
みんな小さくてかわいい~!!

・・・これ、無駄に時間ばっかり使ってしまって(笑)、仕事が進まないパターンですねぇ。


こんな写真も出てきました。


猫食べています( ̄▽ ̄)

2017101201.jpg


あー、可愛い!!
テカテカ!!男の子みたい!!
親バカ万歳!!

2017101202.jpg


我が子も、生徒も、こんなに成長しているんだなぁ、、と実感しました(^^♪
やっぱり写真っていいですねぇ!(^^)!

日々バタバタで、大切な事に気付く余裕を無くしていますが
子どもたちが健康で、成長してくれること。大好きなバトンを続けて行けること。
これ以上に幸せなことはありません。

これが当たり前ではないんだと、忘れないように・・・(^^)

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

宝物のような。

三連休の最終日。
よく晴れた昨日は、朝から晩までレッスンでした。

そんなことは珍しくないのですが、、
昨日は特別な1日になりました。

なぜか?というと
私の恩師がわざわざ兵庫県からレッスンをしに来て下さったのです!!

これはもう、奇跡のタイミングというか。。
特に前から企画・段取りをしていたわけではないのです。
たまたま、本当にたまたまの超ラッキー!が重なって
恩師のタイミングと、こちらのレッスンのタイミングがぴったんこで。。

厚かましいのを承知で、朝から晩まで恩師を拘束するという^^;暴挙に出てしまいました^^;^^;

コーチ、遠方までご足労いただき、また、愛情あふれる指導をしていただき、本当にありがとうございました!

午後のレッスン終わりに、挨拶をした時には
嬉しさとか、ありがたさに加えて、言葉では表せない感謝と感動と、、感情がぐちゃぐちゃ入り交じり、思わず涙が出てしまって。

普段、泣くことなんて滅多にないのに!
自分でも不思議と。。

今、落ち着いて考えてみても涙の答えは出ないのですが^^;
一つ言えるのは、コーチの愛情の深さに溺れたと言うことでしょうか。

損得で動く人が多い世の中で
こんなにも無償の愛情を惜しみなく注いでくださること。私の大切にしている生徒たちに、たっぷりのユーモアと笑顔と、的確なアドバイスと、心が強くなる声掛けをして下さること。バトンをしている意味、取り組む意味、チームの意味を教えて下さること。

コーチの現場指導の姿を、1日近くで見させていただき、心が震えました。
ノートを取る時間が勿体なくて、一つひとつの言葉を拾って、必死に心のノートに刻みました。

以前、仲良くしている京都のバトンの先生とランチをした際、「指導で迷った時や、行き詰まった時、どうしてる??」というような話題になり。。
特にお手本やマニュアルがある訳でもないし、同業者が多いわけでもないし、同期や先輩後輩の繋がりがあるわけでもないし、、やっぱりバトンの先生っていう仕事は孤独だよね~。なんて結論になったのです。

私は違うな。と、昨日改めて感じました。
コーチという、こんなに素晴らしいメンターに出会えたことは、私のバトン人生で最大の財産だと言いきれます。

もちろん、他にもお世話になっている方は沢山いて、全ての人との出会いが今の自分を作っているわけですが
メンターである(と、私が勝手に思ってる^^;)コーチは、容赦なく、指摘もして下さるのです。
「それは違うよ」「間違ってるんちゃうかな」
大人になってから、自分のことをそうやって叱ってもらえるのは、本当に幸せなことだと感じています。

もうこの歳になると、実の親でさえあやまちを指摘してくれません^^;。。

真剣に考えて下さるからこそ、指摘もある。
そして、「今のままでいいんやで」「頑張ってるやん!」と、時に優しい言葉もかけて下さる。

先生、と呼ばれる立場だからこそ、勘違いした人間にはなりたくないし
人との繋がりを大切に、心の通った関係性を大切にしたい。
バトンだけ上手くてもダメで、バトンから何を得るのか。何を学ぶのか。その本質を忘れてはいけない。

私がそう考えるのは、コーチの影響が大きいのです。

コーチに実際指導していただいていた社会人時代、、私はレベルの高い先輩方や、同期、後輩達についていくのが必死な状態で、技術習得以外の多くを感じる余裕がありませんでした。
1人、劣等感に襲われながら、始業前も、昼休みも、残業後も、誰もいない体育館にコッソリ上がっては、闇練をすることも多くありました^^;
そうやって遅れを取り戻す姿すら、人に見られたくなくて、、常にコソコソしていたような!?


でも、今振り返れば
そんな私でもチームメンバーとしてみんなが受け入れてくれていました。
メンバーはみんないつも笑顔で、自主的に練習に励んでいました。
練習時間は短くても濃密で、意味がありました。
大会の翌日は、どんなに疲れていても会社を休まない(有給休暇など取得しない)という、ある意味当たり前のルールもみんな守っていました。
会社の名前を背負って、バトンをしているという自覚と誇りに、みんながキラキラ輝いていました。

全て、今私が指導する上で、大切に思っていることばかりです。

ダーッと駆け抜けた社会人チーム時代で、私は本当に多くのことを学ぶことができたんだ。。と。

そのチームを引っ張って来られたコーチの存在の大きさをあらためて感じました。。

目の前にいる生徒に全力を注ぐ
少しの成長を見逃さず、その成長を共に喜ぶ
目に入る問題を見逃さず、的確に指導する



当たり前のことのようで
私は忘れていたかもしれません。
振りをつけることや、作品を完成させることはあくまでも通過点であって
大切なのは、それを生徒たちが自信を持って演技できるところまで導く。そこですよね。



技術指導も大切ですが
なんのためにやっているのか、どこへ向かっていくのか、やるのは誰なのか。。
理解できるまで、何度でも言葉で伝える。
自分がやってみせて、体で伝える。

昨日、9-12時と13-17時のレッスン中
コーチが椅子に座ることは一度もなく
常に生徒に聞こえる大きな声で伝え
雰囲気を察して明るい声掛けをして
生徒たちから笑顔ややる気を引き出して下さいました。

経験値も、スキルも、私はまだまだ。。コーチの足元にも及びませんが、いつかはコーチのように。愛情にあふれた指導者になりたい、と強く思いました。

昨日は、生徒達とともに、私もたくさんのことを学ぶことが出来、まさに「宝物のような。」1日になりました。


いつか、コーチに
「いいチームになったね!」とほめていただけるように(^^)これからも頑張りたいと思います。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

幼稚園バトンクラス

大雨のため、一日順延となった幼稚園の運動会。
今日、無事に晴天のもと、開催されることになりました!!

晴天どころか、ド晴天(笑)。。
日焼け対策ゼロの私、朝から撃沈( ̄▽ ̄)。。しました。


春前から始まった、堀池幼稚園のバトンクラス。
メンバーはたったの2名なのですが、毎回のレッスンをとても楽しく、元気に過ごしてくれています。
レッスン時間は一時間、体操やステップ、バトンをしていたらあっという間!
毎回楽しいけれど・・・せっかく頑張っているから、どこかでバトンを披露したいなぁ。。
何か機会はないでしょうか、、と園長先生にご相談したところ、運動会で演技の機会を頂くことができました!!

園児さんが乗る一輪車のパフォーマンスと、バトン演技のコラボレーション企画♪♪
運動会のプログラムの一つなので、衣装などは無し。みんなと同じ、体操服です。
それでも、広い運動場の真ん中で、たくさんの観客や先生方、お友達に見てもらえる演技の機会。。
とてもありがたく、嬉しい気持ちでいっぱいになりました(^^)/

バトンとポンポン、1曲ずつ披露しました!
大勢のお客さんの前での演技は初めてだったので、二人とも緊張気味でしたが
とってもかわいい笑顔で♪元気いっぱい!!がんばってくれました。

2017100901.jpg

ちょーっとわかりにくいですが(;^_^A
ハートで囲んでいるのが、二人の園児さん!
ペアワーク頑張っています!!

今回は、この幼稚園を卒園したフェニックスバトンチームのメンバーも
応援に駆けつけてくれて・・・
2バトンの演技を披露してくれました!(^^)!
クルクル回って、キラキラ空に上がるバトンに、観客の方も「おぉ~!!」と拍手!!


この幼稚園でのバトンクラスも、もともとは卒園児さん(の保護者さん)が縁を繋いで下さって
スタートすることが出来たのです。
私は人に助けられているなぁと思うことが多くて、、
人との繋がりを大切にして生きていこうと、日々思いが強くなります。

バトンで縁が繋がると本当に嬉しくなります。
バトンで繋がった人が、笑顔でいてくれると、本当に幸せな気持ちになります。
バトンを続けていくには、時に苦労もありますし、努力しなければならないことももちろんあります。
それでも、「楽しい」「バトンが好き」その気持ちが、本人の根っこにしっかりあれば、頑張れます。
そして周りの環境や関わる人がそれを支えて、、応援して、、見守って、、ともに喜んで、、

仲間がいて、家族がいて、先生がいて、先輩後輩がいて、、
目標があって、夢があって、競い合えるライバルがいて、、

いつも思う、理想の形です。
私は、どこまでこれを現実に提供できているでしょうか。
自問自答の日々。。。です。


さぁ、もうひと踏ん張り!
まだまだ・・・無理できます。
明日も頑張ります!(^^)!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 
フェニックスバトンチーム

京都バトン研究会分校・フェニックス

気になるお天気

いよいよ今週末!
宇治橋通「わんさかフェスタ」が開催されます。

10/21土曜日
フェニックスバトンチームは15:00-15:20の出演になります。

2017-festa-omote.gif

15回目のアニバーサリーなんですね!!
会場である宇治橋通商店街特設ステージは、私が以前住んでいたマンションの隣なのです。
(というか、同じ敷地。というくらいすぐそば!!)

超♪がつくくらいの地元での出演イベントですので、子どもたちもとても楽しみにしています!
お友達や、知っている方に見ていただく最高の機会です!(^^)!

そして、野外ステージですので、通りすがりの方にも見ていただくことが出来ます。
屋内イベントや発表会だと、「バトンを見たいな」と思って見に来て下さる方が多いかと思いますが
通りすがりの方や、バトンを知らない方に
「わぁ、バトンって可愛い!素敵!」と思っていただけたら、とっても嬉しいです!(^^)!

心配なのはお天気(;^_^A。。
台風の影響もあり、この週末は雨予報なんですよね。。
どうか、お天気が味方をしてくれるように、祈りたいと思います!

昨年のブログを見ていると、その時も雨が心配、だと書いてあって(;^_^A
やはり時期的にどうしても・・・ね。

10月も折り返し。
さぁ、気持ち新たに!がんばるぞ~。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

嬉しい発見

いつもバトンレッスンでお世話になっている幼稚園のホームページを拝見していて
嬉しい記事を発見しました!


2017101701.png


幼稚園運動会での一輪車&バトンコラボレーションと、
フェニックスメンバーのバトン演技について、園長先生が記事を書いてくださっています!(^^)!


嬉しいです!!


たった2人の年長さんバトンメンバーのために
こうして発表の場をいただけたこと
卒園児でもあるフェニックスの生徒の出演を快諾してくださったこと
改めて、園長先生の広いお気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです!


本当にありがとうございました!!



少なからずこうしてバトンに関わる者として
常に考えていることは
「競技としてのバトン」
「文化芸術としてのバトン」
この特性の違いを、どれだけ理解して正しく取り組めるかどうか

そもそも、人間が考える事ですから「正解」がどこにあるのかはわかりませんが
自分の思い・考え・行動の軸が「正しいのだ」と信念を持つことが何より大切だと思っています。


ただ、「正しい」という思い込みが突っ走ると周りが見えなくなることもよくありますので(;^_^A
常に人の言葉に耳を傾け、謙虚に物事に向き合うことも忘れてはいけません。

複眼で見る
中道を歩む


確かに、バトンのトップレベルの演技を見ていると
「すごいことしてるな」、、なんて、素人さんのような感想が出てくることもありますが(笑)
そこに心を打つものがあるかどうかは、別問題です。

メンバーだけで工夫して、頑張って作品を作って踊っている学校団体や
小さな子どもたちのバトン演技
身内自慢にはなりますが、大人のバトン「ルージュメンバー」の練習光景
一生懸命やっている姿を見ていると、そこに高い技術レベルがなくとも心を打つものがあって
「頑張れ!」という気持ちが湧いてきます。

小さな規模の野外ステージであっても
学校の文化祭であっても
全国大会であっても
世界大会であっても

同じバトンですね。


同じであって、それでも違う特性があって
そこに一生懸命さ、まっすぐな気持ち、取り組む正しい目的があれば
それでいい。そう思います。

結果を出してなんぼやろ、と言われたらそこまでですが(;^_^A
結果にたどり着くまでを冷静に見ていれば
その子の(またはチームの)一生懸命さや努力、キラキラ輝く瞬間が山のようにあるはずなんですよね。

そういう部分を見逃さない指導者でありたいな。
キラキラ輝く瞬間を認めて、一緒に喜べる指導者でありたいな。

あま~~い!!


なんて声も聞こえてきますが( ̄▽ ̄)



今では、心の底からそう考えられるようになりました。



自分ではどうしようもないものに苦しみながら、
他者に振り回されながら、
まわりと比べる事ばかり、
そんなの楽しくないですものね!!


幼稚園の運動会で演技できた!
バトンの世界から見たら、本当に小さな小さな出来事かもしれませんが
子どもたちはキラキラ輝いていました!(^^)!

これからも、こういう思いを大切に・・・
もちろん、正しい方法で結果を残して行く事も目的として忘れずに!!

そんなフェニックスバトンチームでありたいな。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

発熱

天使のような寝顔!!


2017101203.jpg

実はこれ、発熱でぐったり・・・の様子です(;^_^A
サワは滅多になかったのですが、ツグミはよく体調を崩すんですよねぇ。
39度を超えると、さすがにぐったり・・・
ゴロゴロ・ウトウト・グズグズ、、でした。

発熱以外の症状が特になかったので、ひたすら熱が下がるのを待って・・・

こうして、体が強くなっていくんだろうなぁと。(呑気??)



おかげさまで、一日半で回復~。
よかったです!!

ひたすら寝ていたからなのか、今日はなんと4時30分起床!早い!!
パチッと目をあけて、「起きる~!」「ジュース飲む~」ですって(;^_^A
子どもは元気が一番ですねぇ。
ここで無理をさせず、ゆっくり日常生活に戻していきたいと思います。
(今日はレッスンを入れていなかったので、それも幸い!!)

気温の変化が激しく、大人でも体調が崩れがちですね。
せっかく衣替えをしたのに、また夏に戻り・・・でもまた週末から寒くなるとか。
ジュニアメンバーも、体調を崩している子が何人かいます。
学校もバトンも、行事が多い秋ですからね、無理は禁物!
私自身も体調を崩さないように、頑張りたいと思います。


昨日は、ひたすらツグミに付き添う一日。
目を覚ましてはいけないので、ミシンかけが出来ず、、
静かに作業できるパソコン仕事に徹していました。
発表会に向けて、プログラム用写真の素材探し&整理をしていたら
懐かしい写真がたーーくさん!!

これはいつのかな~??
みんな小さくてかわいい~!!

・・・これ、無駄に時間ばっかり使ってしまって(笑)、仕事が進まないパターンですねぇ。


こんな写真も出てきました。


猫食べています( ̄▽ ̄)

2017101201.jpg


あー、可愛い!!
テカテカ!!男の子みたい!!
親バカ万歳!!

2017101202.jpg


我が子も、生徒も、こんなに成長しているんだなぁ、、と実感しました(^^♪
やっぱり写真っていいですねぇ!(^^)!

日々バタバタで、大切な事に気付く余裕を無くしていますが
子どもたちが健康で、成長してくれること。大好きなバトンを続けて行けること。
これ以上に幸せなことはありません。

これが当たり前ではないんだと、忘れないように・・・(^^)

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

宝物のような。

三連休の最終日。
よく晴れた昨日は、朝から晩までレッスンでした。

そんなことは珍しくないのですが、、
昨日は特別な1日になりました。

なぜか?というと
私の恩師がわざわざ兵庫県からレッスンをしに来て下さったのです!!

これはもう、奇跡のタイミングというか。。
特に前から企画・段取りをしていたわけではないのです。
たまたま、本当にたまたまの超ラッキー!が重なって
恩師のタイミングと、こちらのレッスンのタイミングがぴったんこで。。

厚かましいのを承知で、朝から晩まで恩師を拘束するという^^;暴挙に出てしまいました^^;^^;

コーチ、遠方までご足労いただき、また、愛情あふれる指導をしていただき、本当にありがとうございました!

午後のレッスン終わりに、挨拶をした時には
嬉しさとか、ありがたさに加えて、言葉では表せない感謝と感動と、、感情がぐちゃぐちゃ入り交じり、思わず涙が出てしまって。

普段、泣くことなんて滅多にないのに!
自分でも不思議と。。

今、落ち着いて考えてみても涙の答えは出ないのですが^^;
一つ言えるのは、コーチの愛情の深さに溺れたと言うことでしょうか。

損得で動く人が多い世の中で
こんなにも無償の愛情を惜しみなく注いでくださること。私の大切にしている生徒たちに、たっぷりのユーモアと笑顔と、的確なアドバイスと、心が強くなる声掛けをして下さること。バトンをしている意味、取り組む意味、チームの意味を教えて下さること。

コーチの現場指導の姿を、1日近くで見させていただき、心が震えました。
ノートを取る時間が勿体なくて、一つひとつの言葉を拾って、必死に心のノートに刻みました。

以前、仲良くしている京都のバトンの先生とランチをした際、「指導で迷った時や、行き詰まった時、どうしてる??」というような話題になり。。
特にお手本やマニュアルがある訳でもないし、同業者が多いわけでもないし、同期や先輩後輩の繋がりがあるわけでもないし、、やっぱりバトンの先生っていう仕事は孤独だよね~。なんて結論になったのです。

私は違うな。と、昨日改めて感じました。
コーチという、こんなに素晴らしいメンターに出会えたことは、私のバトン人生で最大の財産だと言いきれます。

もちろん、他にもお世話になっている方は沢山いて、全ての人との出会いが今の自分を作っているわけですが
メンターである(と、私が勝手に思ってる^^;)コーチは、容赦なく、指摘もして下さるのです。
「それは違うよ」「間違ってるんちゃうかな」
大人になってから、自分のことをそうやって叱ってもらえるのは、本当に幸せなことだと感じています。

もうこの歳になると、実の親でさえあやまちを指摘してくれません^^;。。

真剣に考えて下さるからこそ、指摘もある。
そして、「今のままでいいんやで」「頑張ってるやん!」と、時に優しい言葉もかけて下さる。

先生、と呼ばれる立場だからこそ、勘違いした人間にはなりたくないし
人との繋がりを大切に、心の通った関係性を大切にしたい。
バトンだけ上手くてもダメで、バトンから何を得るのか。何を学ぶのか。その本質を忘れてはいけない。

私がそう考えるのは、コーチの影響が大きいのです。

コーチに実際指導していただいていた社会人時代、、私はレベルの高い先輩方や、同期、後輩達についていくのが必死な状態で、技術習得以外の多くを感じる余裕がありませんでした。
1人、劣等感に襲われながら、始業前も、昼休みも、残業後も、誰もいない体育館にコッソリ上がっては、闇練をすることも多くありました^^;
そうやって遅れを取り戻す姿すら、人に見られたくなくて、、常にコソコソしていたような!?


でも、今振り返れば
そんな私でもチームメンバーとしてみんなが受け入れてくれていました。
メンバーはみんないつも笑顔で、自主的に練習に励んでいました。
練習時間は短くても濃密で、意味がありました。
大会の翌日は、どんなに疲れていても会社を休まない(有給休暇など取得しない)という、ある意味当たり前のルールもみんな守っていました。
会社の名前を背負って、バトンをしているという自覚と誇りに、みんながキラキラ輝いていました。

全て、今私が指導する上で、大切に思っていることばかりです。

ダーッと駆け抜けた社会人チーム時代で、私は本当に多くのことを学ぶことができたんだ。。と。

そのチームを引っ張って来られたコーチの存在の大きさをあらためて感じました。。

目の前にいる生徒に全力を注ぐ
少しの成長を見逃さず、その成長を共に喜ぶ
目に入る問題を見逃さず、的確に指導する



当たり前のことのようで
私は忘れていたかもしれません。
振りをつけることや、作品を完成させることはあくまでも通過点であって
大切なのは、それを生徒たちが自信を持って演技できるところまで導く。そこですよね。



技術指導も大切ですが
なんのためにやっているのか、どこへ向かっていくのか、やるのは誰なのか。。
理解できるまで、何度でも言葉で伝える。
自分がやってみせて、体で伝える。

昨日、9-12時と13-17時のレッスン中
コーチが椅子に座ることは一度もなく
常に生徒に聞こえる大きな声で伝え
雰囲気を察して明るい声掛けをして
生徒たちから笑顔ややる気を引き出して下さいました。

経験値も、スキルも、私はまだまだ。。コーチの足元にも及びませんが、いつかはコーチのように。愛情にあふれた指導者になりたい、と強く思いました。

昨日は、生徒達とともに、私もたくさんのことを学ぶことが出来、まさに「宝物のような。」1日になりました。


いつか、コーチに
「いいチームになったね!」とほめていただけるように(^^)これからも頑張りたいと思います。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

幼稚園バトンクラス

大雨のため、一日順延となった幼稚園の運動会。
今日、無事に晴天のもと、開催されることになりました!!

晴天どころか、ド晴天(笑)。。
日焼け対策ゼロの私、朝から撃沈( ̄▽ ̄)。。しました。


春前から始まった、堀池幼稚園のバトンクラス。
メンバーはたったの2名なのですが、毎回のレッスンをとても楽しく、元気に過ごしてくれています。
レッスン時間は一時間、体操やステップ、バトンをしていたらあっという間!
毎回楽しいけれど・・・せっかく頑張っているから、どこかでバトンを披露したいなぁ。。
何か機会はないでしょうか、、と園長先生にご相談したところ、運動会で演技の機会を頂くことができました!!

園児さんが乗る一輪車のパフォーマンスと、バトン演技のコラボレーション企画♪♪
運動会のプログラムの一つなので、衣装などは無し。みんなと同じ、体操服です。
それでも、広い運動場の真ん中で、たくさんの観客や先生方、お友達に見てもらえる演技の機会。。
とてもありがたく、嬉しい気持ちでいっぱいになりました(^^)/

バトンとポンポン、1曲ずつ披露しました!
大勢のお客さんの前での演技は初めてだったので、二人とも緊張気味でしたが
とってもかわいい笑顔で♪元気いっぱい!!がんばってくれました。

2017100901.jpg

ちょーっとわかりにくいですが(;^_^A
ハートで囲んでいるのが、二人の園児さん!
ペアワーク頑張っています!!

今回は、この幼稚園を卒園したフェニックスバトンチームのメンバーも
応援に駆けつけてくれて・・・
2バトンの演技を披露してくれました!(^^)!
クルクル回って、キラキラ空に上がるバトンに、観客の方も「おぉ~!!」と拍手!!


この幼稚園でのバトンクラスも、もともとは卒園児さん(の保護者さん)が縁を繋いで下さって
スタートすることが出来たのです。
私は人に助けられているなぁと思うことが多くて、、
人との繋がりを大切にして生きていこうと、日々思いが強くなります。

バトンで縁が繋がると本当に嬉しくなります。
バトンで繋がった人が、笑顔でいてくれると、本当に幸せな気持ちになります。
バトンを続けていくには、時に苦労もありますし、努力しなければならないことももちろんあります。
それでも、「楽しい」「バトンが好き」その気持ちが、本人の根っこにしっかりあれば、頑張れます。
そして周りの環境や関わる人がそれを支えて、、応援して、、見守って、、ともに喜んで、、

仲間がいて、家族がいて、先生がいて、先輩後輩がいて、、
目標があって、夢があって、競い合えるライバルがいて、、

いつも思う、理想の形です。
私は、どこまでこれを現実に提供できているでしょうか。
自問自答の日々。。。です。


さぁ、もうひと踏ん張り!
まだまだ・・・無理できます。
明日も頑張ります!(^^)!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  |