京都バトン研究会分校・フェニックス

いよいよです。

ツグミ、完全復活(#^.^#)

2019021401.jpg


子どもは健康が一番ですねぇ。
私も何とかインフルエンザから逃げ切った!!
丈夫でよかった( ̄▽ ̄)


いよいよ、全日本バトントワーリング選手権関西大会直前になりました。
悔いの残らない本番を迎えるために、悔いの残らない練習を!!

2019021402.jpg


関西は本当にバトンのレベルが高いんですよね。
この地区で、準決勝そして決勝に残ることの難しさ・・・
だからといって諦めるのではなく、こうしたレベルの高いところで切磋琢磨できる環境に
感謝したいと思います(#^.^#)

ぬるま湯につかっていてはダメなんですよね~(笑)
それは、私自身も常に感じながら
どうしてもぬるま湯につかってしまう(;^_^A(;^_^A
ダメだなぁ~・・・


選手権のこと(自分の仕事)が気にかかりすぎて
毎晩、おかしな夢を見ます。
変な汗をかいて目覚める毎日(笑)!!
実際、何事も起こらないようにするためには、事前準備と心&時間の余裕が必要ですね。
頑張るのみ。です。

頑張っている選手の姿を見ていると、ここまでかけてきた時間や努力が脳裏に浮かびますし
ひとり一人の姿がまぶしく見えます。

と同時に、
こうして選手権の取り組みをしている子だけではなく
バトンを始めたばかりの3歳児さんや、春から中学生になるけれどバトンやめずにがんばる!!という子や
すでに中学生活とバトンを両立してくれている子や、遠方から毎週通ってくれている子や・・・
様々な環境の子たちの姿を思い出すのです。

どの子も、どのご家庭も、みんなバトンが好きという思いを持ってくれていることがよくわかりますし
その思いをどれだけまっすぐ導き、花ひらかせ、人生において大切な「何か」を
バトンを通して伝えていけるのか

とても重たく責任のある立場だなと思います。
でも・・・
それが大変だなということではないんですよね。
こうして様々な環境の子たちと関われることに、むしろ幸せを感じています。
これが、私自身の勉強であり経験であり、いずれ財産になると思うからなのです。

ジュニアシニアの在り方
学校団体とスクールの共存
京都府全体のバトンの普及発展
ずっと先の、まだその先の未来へ、、思いは広がっていきます。
いつバトン人生が終わっても悔いのないように(#^.^#)
やれることは全部やらないと!!

生徒たちにいつも「悔いのない、気持ちの良い、演技をしよう」というのと同じですね。


春はもうすぐそこかな??

2019021403.jpg

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

プレゼント

全日本バトントワーリング選手権関西大会まで、あと4日!!

今日は出場するメンバーに、私からの(一方的なww)プレゼントを渡しました。

メッセージビスコと

2019021201.jpg


リサ・ラーソンのバネ口ポーチ(#^.^#)
こちらは手作りです♪
飴ちゃんでも、チョコちゃんでも、ボールティップの予備でも、
テーピングでも・・・
何かを入れて便利に使ってもらえると嬉しいな♪

2019021202.jpg


メッセージビスコ・・・
これ、面白くていいのですが
なんせ字数制限が!!この字数制限に悩みまくって、結局うまくメッセージがまとめられませんでした(;^_^A
文才がないのが残念過ぎますが・・・気持ちは伝わるかな(笑)


大会当日は、運営の仕事をさせていただくので
メンバーや保護者の方との触れ合い?は一切なし!
別にそうしなければいけないわけではないですし、そういったルールがあるわけではないんですよ(;^_^A
ただ、私自身のルールというか・・・
そこの線引きをしっかりしておかなければ、仕事がおろそかになってしまうような気がするので。

そんなわけで、当日言葉をかけられない分、伝えたいことをポストカードに書き
こうしてプレゼントと一緒に渡しています。

完全な自己満足、一方的な愛(!?)ですが、それでいいのです( ̄▽ ̄)
そうすることで、私自身の気持ちが落ち着くので。。


少し話は逸れますが
私の日課の一つに、バトン演技の鑑賞があります。
どんなに忙しくても、出来るだけこの日課は欠かさないようにしています。
(疲れすぎたり体調が悪い時は、無理せずに睡眠を優先するようにしていますが)
何かはっきりした目的があって見るわけではないんですよ。
チームの演技だったり、ソロの大会だったり、規定演技のDVDだったり、イベントの録画だったり
選ぶ素材は、種類も年代もバラバラです。。
決めているのは「レベルの高いもの」「よいもの」を見る、ということ。
良いものを見ると、良い目が養われる・・・
そう習ったものですから(#^.^#)

あとは、少し恥ずかしい??のですが「自分が作った過去作品」を見る、ということ。
未熟だったな~、とか、、
うわ~、この頃と比べると、みんなずいぶん上手に踊れるようになったな、とか、、
気付きも多く、フェニックスの歴史を感じられる時間でもあるんですよね。

特に最近は、ジュニアとシニアのあり方を模索したり
もっと何か違う形があるんじゃないか、と悩んだり
今のスタイルを無理に変えずに、もっともっと良い形に導けるのではないか、と考えたり
様々な演技やチームを見ることで、考え方のヒントを得たりもします。

「うん、それでいいんだよ」
って言ってもらえることがない立場なので(;^_^A
結局正解はわからないままなのですが
大切なのは、古い形にこだわったり、自分のやりやすい世界だけで都合よく生きるのではなく
色々な意見を謙虚に聞き、メンバーの声や様子に耳を傾け
アシスタントの先生とも話を密にして
広く考えられる余裕を持つことなのかな、と思っています。


今は、スカイAでも解説付きでバトンの演技を見ることが出来ますし
とても便利な時代になりました。
家にいながらにして、ジャパンカップ、全国大会や全日本選手権が楽しめるんです!!
時間を決めて流して、ただ眺めてみているだけなのですが
様々な発見があり、勉強になるなぁ、、と思うことも多々。
「何か」に直結する勉強方法ではないと思いますが
長い目で見た時に、こうしたことが自分の中の財産になっているんだろうなと感じています。


こうして、選手権大会が近付いている今の時期は
恒例のDVD鑑賞をしていても、その選手やチームの「ここに至るまでの努力」を自然と想像している自分がいて
どんな選手も、どんなチームも、本当に努力しているんだなぁ・・・
改めてそう感じます。

スポーツである以上、1位以外はみんな「負け」ということになるのかもしれませんが
やはり、コツコツと長い時間をかけてそこまで取り組み、全力の演技をしている選手は
みんなみんな素晴らしいと思います。

どうか、、
フェニックスの選手権メンバーも、高校からエントリーしているメンバーも、
悔いの残らない気持ちの良い演技ができますように。
迷いなく、失敗しても下を向くのではなく、しっかりと胸をはって大会を終えられますように。

第44回全日本バトントワーリング選手権関西大会
2月16日・17日
おおきに舞洲アリーナにて

たくさんのご声援をよろしくお願いいたします!!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

早速ピンチ。

可愛いお絵かき♪


20190209.jpg

癒される~(#^.^#)(#^.^#)


さて。ブログの更新も久しぶりです。

年が明けてまだ1か月少しだというのに
結構なピンチに襲われています(;^_^A

まぁ、どんな状況でも淡々と、深刻な顔はせずに、笑って乗り切ろう~というのが基本姿勢なので
なんとかなるんですけれどね。最終的には。


うがい、手洗い、消毒、、結構マメにしているほうだと思っていたのですが
ツグミがインフルエンザにかかりました( ;∀;)
予防注射ももちろん受けていたのに~。
集団生活をしているので、病気がうつるのはある意味仕方がないと割り切らなければいけないのですが
「今!?」ですよね~。。

これは仕事をしていたり子育てをしていたり、
「自分一人で」生きていないかぎりみんなそうだと思うのですが
日々、予定がない日なんてほぼ無し!!
必ず何かある( ̄▽ ̄)

インフルエンザとなると、もちろん登園出来ないし
仕事の段取りも必要になってきて
それに加えて「絶対に私自身がうつってはならない」という高い高いハードルが生まれるのです。

・・・一番感染力が強いという発症してすぐ(つまりは超高熱の時)に、
ひたすら抱っこしてあやして過ごしてた私(;^_^A(;^_^A
高熱にうなされて、なかなか上手に眠れなくて、ぐずぐずだったものですからね。。
ひたすら添い寝、の一晩を過ごしたわけです。

どうなのか・・・お願いだからうつっていませんように。。
こんなときこそ、打たれ強い体の本領発揮といきたいところです!!


初めて「熱せん妄」という症状も生で見て、ちょっと衝撃を受けました。
高熱が原因でせん妄状態になるんですって。
ツグミの場合は、うとうとしているな・・・と思ったら突然
「怖いよ~!!怖いよ~!!ギャー!!」
と泣き叫んで(!)私も飛び起きました(;^_^A
怖い夢をみた、というレベルではなくて、悲鳴レベルだったもので。

そのあとも、よくわからないことを急にクリアに話したり
寝たと思ったら泣き叫んだり
手足をバタバタさせてめちゃくちゃに暴れたり

夢と現実がごちゃごちゃになって、本人も不安だったと思います。
(今はすっかり落ち着きました)

これが、いわゆる「インフルエンザによる異常行動」ってやつか!!と
あとから妙に納得・・・
異常行動の時点では、まだインフルエンザの検査をしていなかったのですが
熱は40度近くまで上がっていたので( ;∀;)

あー、怖かった。
そして疲れた・・・
そんなこんなで、私は看病でほぼ一睡もできずに夜を明かすという(;^_^A
こんな経験、自分史上初めてかも。
サワもツグミも、普段はとっても健康で親孝行なものですから
改めて健康の尊さを感じた次第です。

ツグミの病気のタイミングもそうですが
今は色々なことが自分にとって試練のときで
ここをいかに乗り切るかが課題です。

不足や不満を言っていても、何も変わりませんからね♪
やっぱり、不器用でもコツコツ続けていくことしかないんだろうなと思います。
孤独な中でも、たくさんの人に助けられていることを感じつつ。


連休を乗り切って、いざ選手権関西大会へ!!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

お誕生日おめでとう!

少し早いですが、ツグミのお誕生日をお祝いしました(#^.^#)

2019012801.jpg

もう4歳。まだ4歳。
早いなぁ、、という思いと、
義務教育終わるまでまだ10年以上あるんだ~、、という思いと(笑)
まったく違う二つの感情、常に自分の中に存在するのが事実です。


歳をとってから産んだからなのか、
久しぶり過ぎる子育てだからなのか、理由はよくわかりませんが
ツグミに対する愛情は、サワの時とはまた全然違っていて
これがいわゆる「溺愛」ってやつなのかな??なんて自覚することもしばしば。
可愛くて、いつもいつもそばにいたい!
ギューッと抱っこして、膝にのせて、絵本を読んで、一緒に遊んで・・・
実際はほとんど離れて過ごしていますが(;^_^A
そう出来たらいいのにな。

ほんのささいなことでも自分でできるようになると
「すごい!」とべた褒めしてしまうし(笑)
ちょっとした言い回し、表情、一つ一つがかわいくて記録に残しておきたいくらいです。

そんな私の上を行くのがサワで(;^_^A
妹溺愛っぷりはものすごいです。

つまり、、
ツグミは母と姉、2人の愛を全身で受けて
日々すくすくと成長中(笑)!!
一人っ子じゃないのに一人っ子気質が、この先どうなるか??不安も多少はありますが
あふれるくらい愛情注いだっていいじゃない~、を合言葉に
これからも溺愛し続けるのだろうと思います( ̄▽ ̄)

サワが小さい頃は、初めての子育てということもあり、
私自身がそれなりに若かったこともあり、
「もっともっと!」「ちゃんとしなくちゃ!」という気負いがあったような記憶が・・・
いけないと思っても周りの子と比べていたり
「基準値」「標準」という言葉にものすごく敏感で
体型でも発達でもありとあらゆることがそこから外れると心配で
ほめてあげるよりも追い立てる子育てをしていたかもしれません。
余裕も知識も全くなかったんでしょうね・・・

今は、なぜか子育てにおいては精神的に余裕たっぷり(笑)
失敗しても大丈夫~♪また頑張ればいいんやで~♪♪
そうツグミに語りかける日々です。


これからも、健康で。
笑顔で過ごす毎日を、一日でも長く一緒に送れますように。

ツグミちゃん、お誕生日おめでとう!!
そしてサワ、お姉ちゃん4年目おめでとう!?
いつもツグミのことを大切にしてくれて、愛してくれて感謝しています。
忙しい日々でも、サワとツグミがいてくれるおかげでなんとか頑張れています(#^.^#)(#^.^#)

そして、誰も言ってくれないので( ̄▽ ̄)自分へも・・・
4年間の子育てお疲れ様(笑)!
これからまだまだ先は長いぞ~。
多少のことには動じず、どーんと構えて、これからも前進!!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

いつまでできるかな

ツグミはひらがなに興味津々
お絵かきも大好き!とりあえず、私がやっていることを真似したがります。
私が事務仕事をしていれば、同じように紙とペンを要求しますし
パソコンを打っていれば、おもちゃのキーボードをもってきて真似っこ。
フォーメーションを書いていれば、隣でお絵かきをして
振付を考えていれば、一緒にバトン(笑)

私がお手本で書いた「ふ」をなぞるのに必死!!

2019012001.jpg

何かの呪文でしょうか(笑)怖い。

2019012002.jpg


昨日は朝から夜までぶっ通しで仕事をしていたのですが
ちょうど「真似」について考える機会が多かったなぁ。。
「真似」「コピー」、いい意味悪い意味、どちらもあると思います。

上手な子の技術や練習の取り組み方は、どんどん真似をしてほしいのですが
フェニックスのなかではあまりそういう気質がないような気もします。
真似をする、良いお手本をよく見てコピーする、というのは悪いことではなくて
バトンに限らず、なんでもそこが第一歩ですからね。

冷静に見れば、ひとり一人のよいところって異なっていて
ロールに長けている子もいれば、エーリアルよりの子もいますし
コツコツ取り組む姿勢が人一倍身についている子もいれば
元気に挨拶や返事ができたり、いつも明るく前向きに取り組んでいる子もいます。
みんなのよいところが、みんなに伝われば、もっともっと良いチームになるんだろうなぁ~。

理屈はわかっているのに、それが形にならない現実(;^_^A(;^_^A
私自身の足りない部分ですね。

みんな、メンバーのよいところをどんどん真似して
みんなで質の良いバトントワラーを目指しましょう!!

ツグミをみていて改めてそう感じます(#^.^#)
真似っこ、大切~!!



タイトルに書いた通り、現場に出られるのも、バトンができるのも、
いつまでなんて・・・自分にはわからない。
子どもと過ごして、バトンをして、、これが自分の中で日常なのですが
日常がいつまでも普通に続く保証はないので
いつなにがおこってもいいように。
今年は、言い訳をせず、怠けず、体を動かすことを決めました(#^.^#)
いつ終わりがきても、後悔のない生き方をしたいです。

そう心に決めていた結果、昨日は
〇シュシュ
〇ルージュ
〇ジュニア

と、3回のレッスンでかなりハードに体を動かし・・・
今日は体がバキバキ言っています(笑)
いつも怠けている証拠だな~(;^_^A(;^_^A


19~21時までは、座学。
ひたすら指導法を学ぶ時間を過ごしました。
今の自分には、これが一番必要な時間なのですが・・・
正直なところ、満足に時間を作れていない状況があります。
書き留める時間ももったいなくて
ジーっと目で見て頭で記憶します。
たくさんの言葉一つ一つに意味があり
「この言葉ならわかりやすい」「今の言葉がきっかけで、子どもが理解したな」
そういうやり取りを近くで見られることが、私の財産。宝物のように思えます。
身につけないと・・・もったいない!

指導法も、まずはコピーなのかもしれませんね。
一つの指導に対して、色々なアプローチがあってもよいのですが
「ここは絶対に妥協しない、譲らない」という基礎技術、理念、共通認識はとても大切だと思うのです。

疲れすぎて、漢字もかけない(笑)

2019012003.jpg

なんという余裕のなさ。
自分のキャパの小さいことに嫌気がさしますが
一つ一つ、積み重ねるしか解決策はありません。
頑張ろう。


こうしてパソコンを打っていても、肩がバキバキ・・・
整体いきたいな(;^_^A
さて、そろそろお昼ご飯の準備でもしようかな。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 
フェニックスバトンチーム

京都バトン研究会分校・フェニックス

いよいよです。

ツグミ、完全復活(#^.^#)

2019021401.jpg


子どもは健康が一番ですねぇ。
私も何とかインフルエンザから逃げ切った!!
丈夫でよかった( ̄▽ ̄)


いよいよ、全日本バトントワーリング選手権関西大会直前になりました。
悔いの残らない本番を迎えるために、悔いの残らない練習を!!

2019021402.jpg


関西は本当にバトンのレベルが高いんですよね。
この地区で、準決勝そして決勝に残ることの難しさ・・・
だからといって諦めるのではなく、こうしたレベルの高いところで切磋琢磨できる環境に
感謝したいと思います(#^.^#)

ぬるま湯につかっていてはダメなんですよね~(笑)
それは、私自身も常に感じながら
どうしてもぬるま湯につかってしまう(;^_^A(;^_^A
ダメだなぁ~・・・


選手権のこと(自分の仕事)が気にかかりすぎて
毎晩、おかしな夢を見ます。
変な汗をかいて目覚める毎日(笑)!!
実際、何事も起こらないようにするためには、事前準備と心&時間の余裕が必要ですね。
頑張るのみ。です。

頑張っている選手の姿を見ていると、ここまでかけてきた時間や努力が脳裏に浮かびますし
ひとり一人の姿がまぶしく見えます。

と同時に、
こうして選手権の取り組みをしている子だけではなく
バトンを始めたばかりの3歳児さんや、春から中学生になるけれどバトンやめずにがんばる!!という子や
すでに中学生活とバトンを両立してくれている子や、遠方から毎週通ってくれている子や・・・
様々な環境の子たちの姿を思い出すのです。

どの子も、どのご家庭も、みんなバトンが好きという思いを持ってくれていることがよくわかりますし
その思いをどれだけまっすぐ導き、花ひらかせ、人生において大切な「何か」を
バトンを通して伝えていけるのか

とても重たく責任のある立場だなと思います。
でも・・・
それが大変だなということではないんですよね。
こうして様々な環境の子たちと関われることに、むしろ幸せを感じています。
これが、私自身の勉強であり経験であり、いずれ財産になると思うからなのです。

ジュニアシニアの在り方
学校団体とスクールの共存
京都府全体のバトンの普及発展
ずっと先の、まだその先の未来へ、、思いは広がっていきます。
いつバトン人生が終わっても悔いのないように(#^.^#)
やれることは全部やらないと!!

生徒たちにいつも「悔いのない、気持ちの良い、演技をしよう」というのと同じですね。


春はもうすぐそこかな??

2019021403.jpg

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

プレゼント

全日本バトントワーリング選手権関西大会まで、あと4日!!

今日は出場するメンバーに、私からの(一方的なww)プレゼントを渡しました。

メッセージビスコと

2019021201.jpg


リサ・ラーソンのバネ口ポーチ(#^.^#)
こちらは手作りです♪
飴ちゃんでも、チョコちゃんでも、ボールティップの予備でも、
テーピングでも・・・
何かを入れて便利に使ってもらえると嬉しいな♪

2019021202.jpg


メッセージビスコ・・・
これ、面白くていいのですが
なんせ字数制限が!!この字数制限に悩みまくって、結局うまくメッセージがまとめられませんでした(;^_^A
文才がないのが残念過ぎますが・・・気持ちは伝わるかな(笑)


大会当日は、運営の仕事をさせていただくので
メンバーや保護者の方との触れ合い?は一切なし!
別にそうしなければいけないわけではないですし、そういったルールがあるわけではないんですよ(;^_^A
ただ、私自身のルールというか・・・
そこの線引きをしっかりしておかなければ、仕事がおろそかになってしまうような気がするので。

そんなわけで、当日言葉をかけられない分、伝えたいことをポストカードに書き
こうしてプレゼントと一緒に渡しています。

完全な自己満足、一方的な愛(!?)ですが、それでいいのです( ̄▽ ̄)
そうすることで、私自身の気持ちが落ち着くので。。


少し話は逸れますが
私の日課の一つに、バトン演技の鑑賞があります。
どんなに忙しくても、出来るだけこの日課は欠かさないようにしています。
(疲れすぎたり体調が悪い時は、無理せずに睡眠を優先するようにしていますが)
何かはっきりした目的があって見るわけではないんですよ。
チームの演技だったり、ソロの大会だったり、規定演技のDVDだったり、イベントの録画だったり
選ぶ素材は、種類も年代もバラバラです。。
決めているのは「レベルの高いもの」「よいもの」を見る、ということ。
良いものを見ると、良い目が養われる・・・
そう習ったものですから(#^.^#)

あとは、少し恥ずかしい??のですが「自分が作った過去作品」を見る、ということ。
未熟だったな~、とか、、
うわ~、この頃と比べると、みんなずいぶん上手に踊れるようになったな、とか、、
気付きも多く、フェニックスの歴史を感じられる時間でもあるんですよね。

特に最近は、ジュニアとシニアのあり方を模索したり
もっと何か違う形があるんじゃないか、と悩んだり
今のスタイルを無理に変えずに、もっともっと良い形に導けるのではないか、と考えたり
様々な演技やチームを見ることで、考え方のヒントを得たりもします。

「うん、それでいいんだよ」
って言ってもらえることがない立場なので(;^_^A
結局正解はわからないままなのですが
大切なのは、古い形にこだわったり、自分のやりやすい世界だけで都合よく生きるのではなく
色々な意見を謙虚に聞き、メンバーの声や様子に耳を傾け
アシスタントの先生とも話を密にして
広く考えられる余裕を持つことなのかな、と思っています。


今は、スカイAでも解説付きでバトンの演技を見ることが出来ますし
とても便利な時代になりました。
家にいながらにして、ジャパンカップ、全国大会や全日本選手権が楽しめるんです!!
時間を決めて流して、ただ眺めてみているだけなのですが
様々な発見があり、勉強になるなぁ、、と思うことも多々。
「何か」に直結する勉強方法ではないと思いますが
長い目で見た時に、こうしたことが自分の中の財産になっているんだろうなと感じています。


こうして、選手権大会が近付いている今の時期は
恒例のDVD鑑賞をしていても、その選手やチームの「ここに至るまでの努力」を自然と想像している自分がいて
どんな選手も、どんなチームも、本当に努力しているんだなぁ・・・
改めてそう感じます。

スポーツである以上、1位以外はみんな「負け」ということになるのかもしれませんが
やはり、コツコツと長い時間をかけてそこまで取り組み、全力の演技をしている選手は
みんなみんな素晴らしいと思います。

どうか、、
フェニックスの選手権メンバーも、高校からエントリーしているメンバーも、
悔いの残らない気持ちの良い演技ができますように。
迷いなく、失敗しても下を向くのではなく、しっかりと胸をはって大会を終えられますように。

第44回全日本バトントワーリング選手権関西大会
2月16日・17日
おおきに舞洲アリーナにて

たくさんのご声援をよろしくお願いいたします!!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

早速ピンチ。

可愛いお絵かき♪


20190209.jpg

癒される~(#^.^#)(#^.^#)


さて。ブログの更新も久しぶりです。

年が明けてまだ1か月少しだというのに
結構なピンチに襲われています(;^_^A

まぁ、どんな状況でも淡々と、深刻な顔はせずに、笑って乗り切ろう~というのが基本姿勢なので
なんとかなるんですけれどね。最終的には。


うがい、手洗い、消毒、、結構マメにしているほうだと思っていたのですが
ツグミがインフルエンザにかかりました( ;∀;)
予防注射ももちろん受けていたのに~。
集団生活をしているので、病気がうつるのはある意味仕方がないと割り切らなければいけないのですが
「今!?」ですよね~。。

これは仕事をしていたり子育てをしていたり、
「自分一人で」生きていないかぎりみんなそうだと思うのですが
日々、予定がない日なんてほぼ無し!!
必ず何かある( ̄▽ ̄)

インフルエンザとなると、もちろん登園出来ないし
仕事の段取りも必要になってきて
それに加えて「絶対に私自身がうつってはならない」という高い高いハードルが生まれるのです。

・・・一番感染力が強いという発症してすぐ(つまりは超高熱の時)に、
ひたすら抱っこしてあやして過ごしてた私(;^_^A(;^_^A
高熱にうなされて、なかなか上手に眠れなくて、ぐずぐずだったものですからね。。
ひたすら添い寝、の一晩を過ごしたわけです。

どうなのか・・・お願いだからうつっていませんように。。
こんなときこそ、打たれ強い体の本領発揮といきたいところです!!


初めて「熱せん妄」という症状も生で見て、ちょっと衝撃を受けました。
高熱が原因でせん妄状態になるんですって。
ツグミの場合は、うとうとしているな・・・と思ったら突然
「怖いよ~!!怖いよ~!!ギャー!!」
と泣き叫んで(!)私も飛び起きました(;^_^A
怖い夢をみた、というレベルではなくて、悲鳴レベルだったもので。

そのあとも、よくわからないことを急にクリアに話したり
寝たと思ったら泣き叫んだり
手足をバタバタさせてめちゃくちゃに暴れたり

夢と現実がごちゃごちゃになって、本人も不安だったと思います。
(今はすっかり落ち着きました)

これが、いわゆる「インフルエンザによる異常行動」ってやつか!!と
あとから妙に納得・・・
異常行動の時点では、まだインフルエンザの検査をしていなかったのですが
熱は40度近くまで上がっていたので( ;∀;)

あー、怖かった。
そして疲れた・・・
そんなこんなで、私は看病でほぼ一睡もできずに夜を明かすという(;^_^A
こんな経験、自分史上初めてかも。
サワもツグミも、普段はとっても健康で親孝行なものですから
改めて健康の尊さを感じた次第です。

ツグミの病気のタイミングもそうですが
今は色々なことが自分にとって試練のときで
ここをいかに乗り切るかが課題です。

不足や不満を言っていても、何も変わりませんからね♪
やっぱり、不器用でもコツコツ続けていくことしかないんだろうなと思います。
孤独な中でも、たくさんの人に助けられていることを感じつつ。


連休を乗り切って、いざ選手権関西大会へ!!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

お誕生日おめでとう!

少し早いですが、ツグミのお誕生日をお祝いしました(#^.^#)

2019012801.jpg

もう4歳。まだ4歳。
早いなぁ、、という思いと、
義務教育終わるまでまだ10年以上あるんだ~、、という思いと(笑)
まったく違う二つの感情、常に自分の中に存在するのが事実です。


歳をとってから産んだからなのか、
久しぶり過ぎる子育てだからなのか、理由はよくわかりませんが
ツグミに対する愛情は、サワの時とはまた全然違っていて
これがいわゆる「溺愛」ってやつなのかな??なんて自覚することもしばしば。
可愛くて、いつもいつもそばにいたい!
ギューッと抱っこして、膝にのせて、絵本を読んで、一緒に遊んで・・・
実際はほとんど離れて過ごしていますが(;^_^A
そう出来たらいいのにな。

ほんのささいなことでも自分でできるようになると
「すごい!」とべた褒めしてしまうし(笑)
ちょっとした言い回し、表情、一つ一つがかわいくて記録に残しておきたいくらいです。

そんな私の上を行くのがサワで(;^_^A
妹溺愛っぷりはものすごいです。

つまり、、
ツグミは母と姉、2人の愛を全身で受けて
日々すくすくと成長中(笑)!!
一人っ子じゃないのに一人っ子気質が、この先どうなるか??不安も多少はありますが
あふれるくらい愛情注いだっていいじゃない~、を合言葉に
これからも溺愛し続けるのだろうと思います( ̄▽ ̄)

サワが小さい頃は、初めての子育てということもあり、
私自身がそれなりに若かったこともあり、
「もっともっと!」「ちゃんとしなくちゃ!」という気負いがあったような記憶が・・・
いけないと思っても周りの子と比べていたり
「基準値」「標準」という言葉にものすごく敏感で
体型でも発達でもありとあらゆることがそこから外れると心配で
ほめてあげるよりも追い立てる子育てをしていたかもしれません。
余裕も知識も全くなかったんでしょうね・・・

今は、なぜか子育てにおいては精神的に余裕たっぷり(笑)
失敗しても大丈夫~♪また頑張ればいいんやで~♪♪
そうツグミに語りかける日々です。


これからも、健康で。
笑顔で過ごす毎日を、一日でも長く一緒に送れますように。

ツグミちゃん、お誕生日おめでとう!!
そしてサワ、お姉ちゃん4年目おめでとう!?
いつもツグミのことを大切にしてくれて、愛してくれて感謝しています。
忙しい日々でも、サワとツグミがいてくれるおかげでなんとか頑張れています(#^.^#)(#^.^#)

そして、誰も言ってくれないので( ̄▽ ̄)自分へも・・・
4年間の子育てお疲れ様(笑)!
これからまだまだ先は長いぞ~。
多少のことには動じず、どーんと構えて、これからも前進!!

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  | 

いつまでできるかな

ツグミはひらがなに興味津々
お絵かきも大好き!とりあえず、私がやっていることを真似したがります。
私が事務仕事をしていれば、同じように紙とペンを要求しますし
パソコンを打っていれば、おもちゃのキーボードをもってきて真似っこ。
フォーメーションを書いていれば、隣でお絵かきをして
振付を考えていれば、一緒にバトン(笑)

私がお手本で書いた「ふ」をなぞるのに必死!!

2019012001.jpg

何かの呪文でしょうか(笑)怖い。

2019012002.jpg


昨日は朝から夜までぶっ通しで仕事をしていたのですが
ちょうど「真似」について考える機会が多かったなぁ。。
「真似」「コピー」、いい意味悪い意味、どちらもあると思います。

上手な子の技術や練習の取り組み方は、どんどん真似をしてほしいのですが
フェニックスのなかではあまりそういう気質がないような気もします。
真似をする、良いお手本をよく見てコピーする、というのは悪いことではなくて
バトンに限らず、なんでもそこが第一歩ですからね。

冷静に見れば、ひとり一人のよいところって異なっていて
ロールに長けている子もいれば、エーリアルよりの子もいますし
コツコツ取り組む姿勢が人一倍身についている子もいれば
元気に挨拶や返事ができたり、いつも明るく前向きに取り組んでいる子もいます。
みんなのよいところが、みんなに伝われば、もっともっと良いチームになるんだろうなぁ~。

理屈はわかっているのに、それが形にならない現実(;^_^A(;^_^A
私自身の足りない部分ですね。

みんな、メンバーのよいところをどんどん真似して
みんなで質の良いバトントワラーを目指しましょう!!

ツグミをみていて改めてそう感じます(#^.^#)
真似っこ、大切~!!



タイトルに書いた通り、現場に出られるのも、バトンができるのも、
いつまでなんて・・・自分にはわからない。
子どもと過ごして、バトンをして、、これが自分の中で日常なのですが
日常がいつまでも普通に続く保証はないので
いつなにがおこってもいいように。
今年は、言い訳をせず、怠けず、体を動かすことを決めました(#^.^#)
いつ終わりがきても、後悔のない生き方をしたいです。

そう心に決めていた結果、昨日は
〇シュシュ
〇ルージュ
〇ジュニア

と、3回のレッスンでかなりハードに体を動かし・・・
今日は体がバキバキ言っています(笑)
いつも怠けている証拠だな~(;^_^A(;^_^A


19~21時までは、座学。
ひたすら指導法を学ぶ時間を過ごしました。
今の自分には、これが一番必要な時間なのですが・・・
正直なところ、満足に時間を作れていない状況があります。
書き留める時間ももったいなくて
ジーっと目で見て頭で記憶します。
たくさんの言葉一つ一つに意味があり
「この言葉ならわかりやすい」「今の言葉がきっかけで、子どもが理解したな」
そういうやり取りを近くで見られることが、私の財産。宝物のように思えます。
身につけないと・・・もったいない!

指導法も、まずはコピーなのかもしれませんね。
一つの指導に対して、色々なアプローチがあってもよいのですが
「ここは絶対に妥協しない、譲らない」という基礎技術、理念、共通認識はとても大切だと思うのです。

疲れすぎて、漢字もかけない(笑)

2019012003.jpg

なんという余裕のなさ。
自分のキャパの小さいことに嫌気がさしますが
一つ一つ、積み重ねるしか解決策はありません。
頑張ろう。


こうしてパソコンを打っていても、肩がバキバキ・・・
整体いきたいな(;^_^A
さて、そろそろお昼ご飯の準備でもしようかな。

Category : 新着情報
Posted by フェニックスバトンチーム on  |